無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

1月30日の福成キッズ将棋教室

本日の業務連絡:カクザン先生ご登場!

久しぶりとなった本日の教室。先日の交流戦でAクラスの決勝をあらそった福成キッズ名人(T・Yくん)と挑戦者(A・Tくん)の一戦は名人の先勝。初代永世名人へ、いよいよあと1勝とせまった。

また、本日のゲストは岡南公民館教室(入門コース)からカクザン先生のご登場。初心者・初級者を中心に、指導対局をお願いした。まことにありがとうございます!

さいごに、前期の福成キッズ順位戦C1クラスで優勝し、10級に昇級したばかりのY・Hくん。残念ながら習い事などの都合で、本日で卒業となった。できるなら、遊びであっても将棋をつづけてくれたらうれしいよ。

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
2月6日(水)2月20日(水)

日程が変則的になっています。次回は1週間後になるのでご注意を!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月29日 (火)

分裂騒動について思うこと

本日の業務連絡

※この記事は、こども将棋とはまったく関係がありません。

テコンドー、プロバスケット、○○空手、プロレス、△△党、…と、これまでにいろいろな団体で分裂騒動があった。たしかに、どちらにも言い分はあるだろうし、いっぽうが道義や法律に反していることもあるだろう。しかし、小さい世界のなかであらそっていては、だれも幸せにはなれない。そうした団体や業界は長い目でみれば衰退していくだろう。

分裂のいっぽうの原因をつくった人がもう存在しないわけだから、(感情的なしこりはあるだろうが)大局的な見地から統一(吸収?)にむかうべきだ。その音頭をとるのは、肩書きからいっても、あの方しかいないはず。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月30日は全クラス合同の教室

本日の業務連絡

先日の交流戦や前日のミニイベントに参加された選手&保護者のみなさまおつかれさま。30日にはひさびさの福成教室だ。このあとも、やや変則的な日程になっているので、ご注意を!

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
1月30日(水
2月6日(水)2月20日(水)

交流戦に参加した全員の成績を確認していないので、まだコメントはしづらいが…。Aクラスでは優勝・準優勝はもちろん、はじめてAクラスに挑戦したこどもたちが、かなりがんばっていたようだ。下から追い上げられてお尻に火がついた子は、気合いをいれなおそう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月27日 (日)

「岡山県こども将棋教室交流戦」無事終了!

本日の業務連絡

「岡山県こども将棋教室交流戦」が無事に終了。全体の結果がよくわからず、速報というわけでもないのだが…。

※各クラスの正式な結果は、「岡山県将棋情報」をごらんください。写真は「水島子ども将棋教室HP」でも、ごらんになれます。

Aクラスではなんと、現福成キッズ名人と今期の挑戦者が4連勝どうしの決勝戦で激突。福成キッズ名人が勝って、ワン・ツー・フィニッシュとなった。今回のAクラスはすこしレベルが落ちるので、チャンスはあると思っていたけれど、期待以上のおみごとな結果だった。その他のこどもたちも、大会にはじめて参加したり、上のクラスにはじめて挑戦したりと、みんなそれぞれがんばっていたと思う。

いっぽうで、残念ながら思ったほど勝てなかった子もいるだろう。しかし、負けたことじたいはまったく気にする必要はない。開会式で森信雄七段からのお話にあったように、負けからにげる負けぎらいではなく、負けても負けてもくじけない負けずぎらいになろう!cat

「森信雄の日々あれこれ日記」や「ゴロン太先生のブログ:前夜祭その1その2その3その4その5感謝」、「カクザン先生のブログ:御礼その1その2その3その4その5」もごらんください。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月25日 (金)

いよいよ27日は「岡山県こども将棋教室交流戦」

本日の業務連絡

みなさまおまちかねの「岡山県こども将棋教室交流戦」だが、いよいよ1月27日にせまってきた。明日(26日)には、運営スタッフ+αによる「プロ棋士歓迎会&前夜祭」もおこなわれる。

27日も参加者がひじょうに多いし、明日もミニイベントがあったりして、ちょっとした小道具も必要になった。今夜はじゅんびにいそがしくなりそうだ…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月24日 (木)

「将棋ウォーズ」とは?

本日の業務連絡

年末に教室のこどもたちにアンケートをとった。そのなかに「教室いがいで将棋の対戦あいてはいますか?」という質問があった。家族とできないばあいには、将棋ゲームやネット将棋という子が多いわけだが…。そのようなネット将棋のひとつに、「将棋ウォーズ」という“日本将棋連盟公認”のサイト(アプリ)がある。

紹介記事
その1:「スマホで遊ぶエンタメ将棋」(朝日新聞デジタル)
その2:「ド派手な対局アプリ『将棋ウォーズ』がアツい!」(ウレぴあ総研)

まじめに上達をめざす将棋倶楽部24や81Dojoとは正反対に、とても楽しいサイト(アプリ)となっている。すでにかなりの人数が登録しているようだ。24のように、“14級でもハイレベル”ということもない。

こどもたちにオススメできるものなのかどうか? 吾輩も入会したばかりなので、もう少しやりこんでみてから、感想をご報告したい。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月23日 (水)

本家「ハム将棋」復活!

本日の業務連絡

サーバーの停止にともないアクセスできなくなっていた本家の「ハム将棋」だが…。あたらしいサーバーへの移転が完了したようだ。

あたらしいサイトはココ→「ハム将棋」

いぜんとはアドレスが変わっているので、ブックマーク(お気に入り)の更新を!

情報をご提供いただきましたhokazeさま、ありがとうございます。ご無事でなによりです。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月23日はお休み

本日の業務連絡

みなさんにご連絡しているつもりだが、いちおう日程のご確認を。23日の教室はお休みになるのでご注意をお願いしたい。

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
1月30日(水
2月6日(水)2月20日(水)

ところで、1月27日の「岡山県こども将棋教室交流戦」には福成キッズ将棋教室から16名のこどもたちが参加する予定だ。そのほかにも、別の教室(岡南教室や水島教室)からでるお友だちも何名かいる。すべての教室をあわせると、5クラスでなんと約130名というジャンボな大会に成長した。

大会で1勝、あるいは入賞するむずかしさは、吾輩もよ~く知っているつもり。はじめて将棋大会に参加する子や上のクラスに挑戦する子は1勝をめざして、ベテラン(?)のこどもたちは上位入賞をめざして、がんばってほしい!

吾輩も前回(笠岡大会)にひきつづいて、Cクラスの手合い係としてお手伝いする予定だ。各教室が公平になるように組みあわせるつもりなので、多少クジ運がわるくても文句はいわないでね。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月22日 (火)

【注意】飲んだら指すな!

本日の業務連絡

とある日のこと、取引先の方々としこたま飲んだあと、よせばいいのに、現在自己最高レートを更新中の「国際将棋対局場 81Dojo」に挑戦。…その結果、7連敗で150点ダウンとなったcrying

※さいきん、少しずつ81の参加者が増えてきている印象だ。「将棋倶楽部24」よりも初級の方が多いので、参加しやすいと思う。みなさん、もっと挑戦しよう!

※英語恐怖症の方は、こちらの「81道場 日本語版」へ(対局じたいは国際版といっしょにできます)。

翌日しらふで5連勝! なんとか100点もどすことができた。こういうわけで、吾輩は「今後2度と飲酒対局はしない」と、かたく心にちかったのであった…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月21日 (月)

「ハム将棋」とりあえずはココで

本日の業務連絡

サーバーの停止にともない?? アクセスできなくなってしまった本家の「ハム将棋」。とりあえずは、ココ→「無料ゲーム王国:ハム将棋」で遊ぶことができるようだ。今後どうなるのかはよくわからないが、いまのところは上記のサイトで楽しんでほしい。

情報をご提供いただきましたhokazeさま、ありがとうございます!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

弱いおとなでも楽しめる場が…

本日の業務連絡

昨日おこなわれた「玉野支部 初夢杯」で、ある先生とちょっとお話したのだが…。こども将棋教室やこども将棋大会は、ずいぶんとさかんになってきた。そのいっぽうで、弱くても将棋が好きなおとなもいる。とくに将棋教室の保護者で、家で親子で楽しんでいる方はたくさんいらっしゃる。ところが、一般の将棋大会というのは、たとえB級(級位者の部)であっても、それなりにレベルが高いのだ。この状況をなんとかできないものだろうか?

たとえば、「スパイラル将棋センター」では、おとなでも15級からスタートすることができて、毎週の大会にも参加できる。岡山県内の将棋教室でも、こどもたちにまじって保護者が指すすがたがチラホラみられるようになってきた。弱いおとなでも“真剣に”楽しめる場、あるいは“真剣に”楽しめる大会が、もっとあったらなあ…と考えている。

そしてもう一点。おとなからはじめても上達できる練習方法の発見。これがいまの吾輩の最大のミッションかもしれない…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月20日 (日)

またしても目標達成(笑)

本日の業務連絡

1月20日(日)に岡山県玉野市でおこなわれた「玉野支部 初夢杯」に、福成教室関係から先生&父子あわせて総勢7名が参加。玉野支部の精鋭、岡山県内の強豪、さらには香川県から遠征してきたスパイラル軍団9名との戦いとなった。

ジュニア(小中学生)の部は福成キッズ対スパイラル軍団の全面対決となり、優勝&準優勝は福成キッズ、第3位&第4位はスパイラル軍団という結果に。いっぽう、一般のA級(初・二段)の部では、スパイラルの小学1年生Fくんが準優勝! おじさんたちをおどろかせていた。

※遠征してきたこどもたちについては、こちらをごらんください。
「玉野支部初夢杯 将棋大会結果」

吾輩は岡山県の将棋大会(B級:級位者の部)にはじめての参加。ベテランの方々の独自戦法に大苦戦…。3連敗のあと奇跡的に1勝をあげることができた。先日の「うどん県将棋祭り」につづいて、またしても目標を達成してしまったのだ(笑)。

その対戦相手の方との検討のあとで、「失礼ですが、ネット将棋では何点くらいですか?」 きいてみると、吾輩よりもわずかに上。これくらいの棋力だとB級では苦戦するということがわかった。

とはいえ、まったくの完敗は1局だけだったので、今後のがんばりしだいでは、B級でもそれなりに楽しめるようになるかも…と夢想している。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

ご無事をお祈りいたします

本日の業務連絡

ここ数日、あの「ハム将棋」にアクセスができなくなっている! 一時的なものだといいのだが…。

初心者のこどもたちのためにも、ご無事をお祈りいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月19日 (土)

最近の練習相手 その4

本日の業務連絡

…というわけで、吾輩はここ数か月、おもに「将棋倶楽部24」で指している。いっぽうで、ときどき気分転換に「国際将棋対局場 81Dojo」にも参加している。

※日本人のほうがずっと多いですし、「81道場 日本語版」もできました。ですので、英語がまったくわからなくても問題ありません。

81のいちばんよいところは、感想戦がしやすいということだ。ある日、とある外国の方との対戦に勝った後、「この対局を検討してもいいですか?」と英語で話しかけられたので、「yes」と答える。「中盤で大失敗しました」というので、「そんなことはないですよ。ココでああして、こうすれば、あなたのほうがよかったですよ」と、あやしげな(?)アドバイスをした。

「ところで、furibisya(振り飛車)からこんなに早く bishop exchange(角交換)されたのは、はじめてです」といわれたので、「これは新しい戦法ですよ(と書いたつもり)」。「なんという戦法ですか?」意外な展開に、こまった吾輩は「this is bishop exchange furibisya」う~む。こんなんでいいのだろうか?

そういえば、いぜん四間飛車をあいてに右四間飛車を指したら、「変わった作戦ですね」といわれたこともあったっけ。四間飛車は“4th file rook”というらしいので、右四間飛車は“reverse 4th file rook”とでもいうのだろうか? 外国の方は、rook(飛車)やbishop(角)というチェスの用語をそのまま使っているようだ。

こういう意外な展開も、81ならではの楽しみといえるだろう。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

最近の練習相手 その3

本日の業務連絡

こどもといっしょに将棋をはじめて○年目となったが、これまではどうも上達した感じがしなかった。

今年こそはなんとかしようと、これまで遠ざけていた「将棋倶楽部24」に、できるだけ毎日参加している。フリー対局ではなくレーティング対局を、早指しではなく15分+60秒で、と決めている(もちろん現在のレートはヒミツ)。数か月指してみての感想だ。

【24のよい点・わるい点】

よい点:
参加者が多いので、実力の近い、いろいろな相手とたくさん対局できること。対中飛車、対石田流、対四間飛車、対居飛車棒銀、対右四間、対穴熊…など、ひととおりの戦法との対戦経験をつむことができる。

24のレートは全国どこへ行っても通用すること。「目標○○点!」のように客観的な数字を目標にできるのもよいところだ。

わるい点:
初心~初級者にとって最大の問題は、レベルが高すぎること。ある程度以上の棋力がないと、24ではほとんど勝てないだろう。

おもしろくて、ついつい指しすぎてしまうこと。とくに、レートが下がると、取りかえそうとして深みにはまってしまう。「1日に○局だけ」などと、ルールを決めるのがよいかも。

級の認定がキビシイこと。24の中級~上級者なら、「国際将棋対局場 81Dojo」(一般の道場よりもすこし甘い認定?)では有段で指せるようだ。かくいう吾輩も、24での級は81での級よりもかなり低い。

その他:
自玉が詰んだ瞬間に(投了せずに)切断するなど、マナーのわるい人もときどきいるが、あまり気にしないようにしている。そもそも、マナーのわるい人はそんなにいないという印象だ。

【こどもたちと比べると】

将棋教室でこどもたちと指すと、序中盤で有利になり、終盤で逆転されるというのがいつものパターンだ。しかし、24では逆に序中盤で不利になり、終盤で逆転勝ちというのがけっこうある。かなり下のほうでも、みなさんが序盤にくわしいのでビックリ。終盤も強い人は、吾輩よりもどんどん上に行っているのだろう…。

【24とリアル将棋大会のレベル】

あくまでも私感ではあるが、香川県の大会のC級(中級者の部)は24の初心~低級くらい、B級(上級者の部)は24の中級くらい、A級(初・二段の部)は24の上級くらい、特A級(三段以上の部)は24の有段レベルかなあ…と、想像している。

岡山県の大会にはまだ出場したことがないので、レベルはよくわからない。何かはっきりしたことがわかれば、ご報告するつもりだが…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月18日 (金)

棋譜を見なおしてみると…

本日の業務連絡

ネット将棋のいいところは、棋譜が残ることだ。吾輩も菅井先生にならって(『初段になるための将棋勉強法』参照)、勝っても負けても、簡単に棋譜をふりかえるようにしている。先日、(対局中には)大熱戦だと思っていた棋譜を見なおしてみたところ、こんなことがわかった。

終盤で自玉のピンチをしのぎ、ようやく手番がまわってきたところ。寄せがありそうな気がして、角を切って踏みこんでみた。あとでみるとここでは“13手詰め”があった。6手までは正しく指したが、残り7手詰めのところで、詰まないように王手をしてしまい、大海に逃げられそうに…。あれ? あれれ? マズイぞ…と、あせりながらもがんばって“詰めろ”をつづけたところ、最終的には相手の方が詰むように受けてくださったので、トン死で勝ちをひろったわけだ。正しく受けられていたら、入玉されていた。

この7手詰め、よくよく考えれば岡南教室でこどもたちに解説したことのある詰め手筋だった。「気がする」ではなく読み切れるように、しっかり復習をして地道に終盤力を高めていくしかないようだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

「福成キッズ将棋教室」今後の日程

本日の業務連絡

さいきんは日程が変則的になっている。まちがえて誰もこない日にきてしまった子もいたようで、もうしわけないかぎり。2月の日程が決まったのでお知らせしたい。

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
1月30日(水
2月6日(水)2月20日(水)

1月23日はお休みになるのでご注意を!

ところで、1月27日の「岡山県こども将棋教室交流戦」にむけて連絡事項が2つある。

1つめは、参加クラスのことだ。他の教室との調整で、岡南教室で3級以上の子はAクラス、岡南教室で4~10級の子はBクラスとした。なので、福成教室内のクラスよりも上のクラスに挑戦する子もいる。お互いさまなので、なんとかがんばってほしい!

もう1つは対局時計のことだ。今回の交流戦では、AクラスとBクラスは全対局で対局時計を使用する(15分切れ負け)。Aクラスは笠岡大会のときとおなじ設定なので、なんとかなるはず。いっぽう、Bクラスは時計になれていない子が多いので、これもお互いさまだろう。まったく使ったことのない子は、朝すこしはやめにくれば、使い方を練習できるかもしれない。

また、時計の使い方については、1つだけお願いがある。対戦相手が対局時計のボタンを押し忘れているばあい、「ラッキー!」と思って指さずに待っているのではなく、「押し忘れていますよ」と教えてあげよう。時間切れで勝ったって、強くはなれないぞ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月17日 (木)

「小学生名人戦 岡山県予選」のごあんない

本日の業務連絡

2月23日(土)には、こども将棋界の“春の甲子園”ともいえる「第38回 小学生名人戦 岡山県予選」が行われる。羽生三冠や渡辺竜王も、かつての全国小学生名人だったのは知っているかな? チラシはこちら。→「小学生名人戦 岡山県大会」

事前もうしこみ制で、しめきりは2月19日(火)。昨年に引きつづいて、岡山県代表をあらそうクラス「名人戦クラス」だけではなく、初級~中級者むけのBクラスもある。

一部の強豪は1月27日は交流戦ではなく、大人にまじって一般の大会にでるようだ。そのため、いつもはなかなか上位に入賞できない、上級~初段のこどもたちがよろこんでいるというウワサもある。いっぽう、こちらの名人戦クラスは、有段者の強豪たちが全員参加する超ハイレベルな大会になるだろう。とくに現小学5年生は最後のチャンスなので、気合いをいれて練習してほしい!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月16日 (水)

『菅井ノート 先手編』もうすぐ発売

本日の業務連絡

岡山県こども将棋界のよい子のみなさん、とくに振り飛車党のみなさんへ。菅井竜也五段の初の著書である『菅井ノート 後手編』は手に入れたかな? 内容は有段者むけなので、なかなか読みこなせないとは思うが、将棋本としては、かなりの売れ行きのようだ。これに引きつづいて、まもなく『先手編』が発売されるというウワサが流れてきた。

『菅井ノート 先手編』1890円

※マイナビ将棋BOOKSより、 1月23日発売みたいです。

『先手編』と『後手編』をあわせて読めば、菅井先生の将棋がもっと楽しめるようになるはずだ。ひょっとすると『後手編』のときのように、竜棋会(菅井竜也後援会)から著者直筆のサイン本が手に入る可能性もある。ほしい人は、竜棋会ブログからの情報にも注目しよう。
※いまのところ、その予定はないようです。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月15日 (火)

「岡山県こども将棋教室交流戦」の詳細案

本日の業務連絡

しつこいようだが、1月27日(日)には「第10回 岡山県こども将棋教室交流戦」岡南公民館で行われる。そのために、某日某所にて、ゴロン太先生、カクザン先生、住所不定玉先生、そして吾輩で、詳細案を話しあった(G先生のありがた~いお話を拝聴した?)。その内容はというと…。

全体のスケジュールは、大講座室で、
9時30分:受付開始、10時~:開会式、16時~:閉会式の予定。

入賞は各クラス上位3名のみだが、抽選会用に大量の景品が集められているというウワサもある。

【AクラスとBクラス】中講座室
点数制5回戦くらい。
対局時計を使用(15分切れ負け!なのでご注意を)。

【CクラスとGクラス】大講座室
点数制6回戦くらい。
ながびいた対局のみ、とちゅうから5分切れ負け。

お楽しみクラス】大講座室?
ふつうの将棋大会にくわえて、○○○○将棋もおこなわれるかも?(くわしいことはヒミツ!)。

【プロ棋士】
森信雄七段&澤田真吾四段によるミニ講座やレッスン将棋も予定。

これはあくまでも原案です。進行の都合上、予告なく内容を変更することがございますので、ご了承をお願いいたします。ご質問・ご要望などは、ゴロン太先生まで。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月14日 (月)

「岡山県こども将棋教室交流戦」公式集計結果

本日の業務連絡

1月27日(日)には「第10回 岡山県こども将棋教室交流戦」岡南公民館で行われる。しめきり時点での参加状況がわかった。

岡南教室:42名、名人記念館:23名、津山教室:20名、福成教室:16名、
水島教室:15名、新山教室:6名、笠岡教室:2名、真庭教室:2名

なんと合計で126名!となっている。多少の融通はきくようなので、うっかりしめきりにまにあわなかった人は、できるだけ早く教室の先生に連絡してほしい。

クラス別にわけると、

Aクラス:20名、Bクラス:31名、Cクラス:43名、Gクラス:14名、
お楽しみクラス:18名

となっている。各クラスの人数調整のため、出場クラスの移動をお願いすることもあるので、ご了承をお願いしたい。

クラスわけのめやすは、

Aクラス:岡南教室の3級以上、Bクラス:岡南教室の4~10級、
Cクラス:岡南教室の11~19級、
お楽しみクラス:岡南教室の20級(+19級の幼稚園児)。

となっている。ただし、教室によって級のつけかたがまったくちがうので、これはあくまでも岡南教室のばあいだ。本番まであと10日あまり。入賞めざしてしっかり練習しておこう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月11日 (金)

将棋大会:親子で出場のすすめ

本日の業務連絡

はずかしながら、吾輩は1年ちょっと前から将棋大会や将棋合宿にこどもたちといっしょに参加してきた。そのなかで、予想以上によい点がおおいことに気がついてきた。

【よい点 その1】
こども将棋大会では引率者はたいへんヒマなものだ。しかし、自分もでれば時間が有効に利用できる。

【よい点 その2】
こども将棋大会では我が子の勝ち負けが気になってしようがない。しかし、自分もでればそんなことはまったく気にならないし、逆に、(親の弱さをよく知っている)こどもが心配してみにくるようになる。

【よい点 その3】
将棋のむずかしさ、負けたときのくやしさ、勝ったときのうれしさが、よ~~くわかる。だれかさんも、凡ミスから予選落ちしてショックを受けたり、はじめて賞状をいただいてゴキゲンだったりしたらしい。

【よい点 その4】
こどもが将棋をすれば「集中力がつく、礼儀が身につく、先を読む力がつく」らしい。それが本当なら、大人だってやればよい。

【よい点 その5】
おなじレベルどうしであれば、大熱戦になりやすい。真剣勝負でのギリギリの終盤や大逆転はスリル満点だ。吾輩は、大会で何度か羽生さんのように手がふるえたことがある(笑)。練習対局ではそのスリル感があじわえない。

【わるい点】
一般の将棋大会や支部の例会は、たとえ級位者の部であってもレベルが高すぎる。ふつうの保護者では、負けてばかりで楽しめない。

つまりは、弱い大人でも将棋の楽しめる場がもっと必要だということだ。ひょっとしたら、4月以降になにか動きがあるかもしれない…。ちなみに、27日の交流戦の「ガールズクラス」「お楽しみクラス」には、お母さん方も参加できるぞ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

保護者のみなさまにお願い その2

本日の業務連絡

吾輩は数多く将棋の大会の案内をしてきている。そこで、将棋教室にかよいはじめたばかりの初心者の保護者のみなさまにひとつお願いがある。

※初心者には、「初心者むけの大会・初心者むけのクラス」をごあんないするように気をつけています。

それは「うちの子には大会なんてムリだから」と、こども本人の考えをたしかめずに、成長の芽をつまないでいただきたいということだ。

保護者ならばだれだって、我が子の負ける姿をみたくはないだろう。ましてや、負けて泣いてしまう子だっている。しかし、じっさいには初心者クラスや低学年クラスは、王手放置はあたりまえというレベルだ。たいていの大会は負けても何局か指せるようになっていて、どんな初心者であっても1勝くらいならできるチャンスはある。大会でほかの教室の子に1勝できた! これは大きな自信になる。

※「県代表をあらそう大会・無差別クラス」はまったく別です。やる気や自信のある子にだけごあんないしています。

今回の交流戦も、ご担当の先生方は「将棋の普及」を第一の目的とされている。なので、どんな初心者であっても楽しめるはず。いま一度ご検討をよろしくお願いいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

「岡山県こども将棋教室交流戦」もうすぐしめきり

本日の業務連絡

1月27日(日)には、冬のビッグイベントである「第10回 岡山県こども将棋教室交流戦」岡南公民館で行われる。チラシはこちら。→「ゴロン太先生より」

しめきりは1月13日(日)なので、12日や13日に教室のある人はそこでもうしこんでほしい。教室のない人は、教室の先生までご連絡を!

現時点でのもうしこみだけでも、100名ごえは確実で、おそらく交流戦史上最大の大会となるだろう。ルールをおぼえたばかり、あるいはこれまで大会に参加したことのない“超”初心者のみなさんむけにも、お楽しみクラスがある。また、女子だけのガールズクラスがあるので、女子のみなさんも、ぜひとも参加してほしい!

13日には岡南教室の先生方といっしょに打ち合わせをする予定。そこで大会のくわしい内容がわかると思う。正式な発表をお楽しみに!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月10日 (木)

1月9日の福成キッズ将棋教室

本日の業務連絡:2013年のスタート

今年初となった本日の教室。仕事の都合がつかず欠席の予定だったが…。終了まぎわの20時30分ごろにかろうじて到着。前回2枚落ちで負けてしまったKくんと、早指しながら2局指すことができた。

その結果は? なんと飛車落ちでも負け! 平手で勝ちと、なんだかずいぶん強くなっているね。すぐに片づけの時間となってしまい、たいへんもうしわけないが、本日はこれ以上のことはよくわからない…。あしからず。

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
1月30日(水)

1月16日、23日はお休みになるのでご注意を!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月 7日 (月)

1月9日は全クラス合同の教室

本日の業務連絡

すでに日曜日(1月6日)には、岡南教室に参加したり、香川県に遠征したりした子もいるだろう。……が、生徒のみなさま、先生方、保護者の方々、おまちかね。明後日(1月9日)より、本年の福成キッズ将棋教室もいよいよスタートだ!

今後の日程は、

A・B・Cクラスとも
1月9日(水
1月30日(水)

2013年の1月16日、23日はお休みになるのでご注意を!

残念ながら、吾輩は仕事の都合で1月9日の教室は欠席…させていただきます。先生方、Yお母さん、Aお父さん、Tお父さんなどなど、いつもご協力していただいているみなさま方、なにとぞよろしくお願いもうしあげます。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月 6日 (日)

1年がかりで約束を果たす(笑)

本日の業務連絡

本日は香川県でおこなわれた「第1回 新春うどん県将棋祭り」に参加。福成教室関係者も、父子あわせて総勢10名の遠征となった。

Aくんのお父さんとは教室や大会でいつも顔をあわせているのだが、これまでに一度も対局をしたことがない。なんどか中級者の部にいっしょに参加しており、「決勝戦であいましょう」と固い約束をかわしているのだ。いつもはこどもたちにやられてしまっていたが、今回は大人とこどもは別クラス! …そして、ついに1年がかりで約束を果たすことができた(笑)。

じぶんの公式戦や練習対局に夢中になっていて、こどもたちのようすはまったくみていなかったので、正式な結果は、こちらをごらんいただきたい。→「第1回 うどん県将棋祭り結果」

※上位入賞以外の子も、ジュニアチャンピオン戦で強豪に一発いれたり、前回より上のクラスに挑戦して健闘したりしていたようです。

また、本日の午前中には、はじめてプロ棋士の指導対局を受けることができた。本当は負けている将棋なのだが、それとなく上手玉に詰みのある局面に誘導されて「詰みがありますよ」。 ……長考するが、よくわからない。さらにヒントもいただいて、無理矢理勝たせていただいた(苦笑)。やはり、詰将棋力がまだまだ足りないようだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月 5日 (土)

2013年の目標

本日の業務連絡

福成教室の2012年納会では、「アンケート」をこどもたちに配布した。そのなかに、「2013年の目標があれば、おしえてください」という質問があった。がんばれば届きそうな、具体的な目標を立てるのはいいことだと思う。

…というわけで、吾輩も2013年の目標を立ててみた。

【個人的(個猫的?)な目標】

  • 将棋大会の級位者の部(いわゆるB級)で1勝する。
  • ネット将棋で最高レートを200点更新する。
  • 今年もお楽しみイベントの開催に協力する。
  • 整理整頓。

【教室としての目標】

  • 初級クラスの実力アップのために、さらなる工夫をする。
  • 上級クラスは、県外へも積極的に遠征(必要ならば引率)する。
  • 某A教室や某B教室との連携を深める。

あまり手を広げすぎて消化不良になってもいけないので、今年は身のまわりの、できることから着実にこなしていこうと思います。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2013年1月 4日 (金)

初心者がネット将棋にデビューするまで

本日の業務連絡

新年あけましておめでとうございます。

吾輩はふだんの実戦不足をおぎなうために、年末年始はネット将棋(将棋倶楽部24)で指しまくっている。本日は、大逆転負けのあと、デビュー以来はじめて4連勝(うれしい昇級!)できて、気分は上々だ。

リアル将棋でかなり指している方はべつとして、大人の初心者がネット将棋にデビューするまでは、かなりハードルが高い気がする。そこで、こんな情報を発見した。

「2ch名人 将棋初心者が3日でネット将棋デビューする方法」

たしかに2chという巨大掲示板はウソやいいかげんな情報も多い。しかし、よ~くさがせば、なかには貴重な発見もある。さすがに3日ではムリだろうが、これなどはかなり親切な情報だとおもうぞ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

人気ブログランキング