無料ブログはココログ

« かしだし用の詰将棋本 | トップページ | 9月26日の福成キッズ将棋教室 »

2012年9月26日 (水)

実戦不足のキミたちへ

本日の業務連絡

9月26日の初心者・初級者コースのみなさんへ。

Cクラスのなかでもなかなか勝てないなあ…という子。その第2の原因は実戦不足にある! うっかり王様をとられたり、飛車をタダでとられたりというミスは、たくさんの実戦をしているうちに、しぜんになくなっていくのだ。

毎日のように家族や友だちと指せる子は、それでOKだ。その相手がいないばあいは、工夫がいる。吾輩の一番のオススメは岡南公民館将棋教室だ(ばしょはココ)。日曜日に行ける子は一度見学してほしい(次回は10月7日10~12時)。吾輩やY先生も、行けるときには顔をだしている。

人間の相手がみつからない人は、インターネット上でできる将棋ゲーム「ハム将棋」がよいだろう。ハムに平手で勝てるようになったら「きのあ将棋」もある。もちろん、DSでも将棋ゲームはできる。おうちにiPadがある人は「金沢将棋レベル100」がおもしろそうだ(iPhoneなどの携帯版もある)。

こどものうちは、「ならうよりなれろ」で上達できる。ただし、携帯ゲームやパソコンの将棋は、健康のためやりすぎに注意しよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« かしだし用の詰将棋本 | トップページ | 9月26日の福成キッズ将棋教室 »

福成キッズ将棋教室」カテゴリの記事

コメント

「駒をただでとられる」ということは、

①駒の効きが分かっていない。
②浮き駒である。
③その他?

①対策
駒の効き方、動き方を再度確認する。
3手詰の将棋をやる(駒の協力が必要)
1手詰は動かす、打つの1手なのでどうかと思う
②対策
浮き駒をなくす、少なくする。
駒にひもがついている状態にする。
③対策
うっかりは、時間を十分に使う。
ノータイムで指さない。
首をひとまり回してから指す(大山流)
姿勢を正しくする。盤面に前のめりにしない(一部分しか見ていない)
盤面全体をみる。

いつもありがとうございます。
駒のききがわかっていないというよりは、
(ひと目で)みえていないのだと思います。
詰みにしても、ひと目でみえることが大切に感じています。cat

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かしだし用の詰将棋本 | トップページ | 9月26日の福成キッズ将棋教室 »

人気ブログランキング