無料ブログはココログ

« 進化する「こども将棋合宿」 その1 | トップページ | 進化する「こども将棋合宿」 その3 »

2012年7月 9日 (月)

進化する「こども将棋合宿」 その2

本日の業務連絡

ひきつづいて、「第2回 こども将棋合宿 in 玉野」の内容をご紹介していきたい。

【進化その2:リレー将棋大会】

1日目の第2イベントは、これまた昨年大好評だった「リレー将棋」大会だ。3人1チームで、1手ずつ交代に指していく。対局には審判の先生(お助けマン)がついていて、1人1回にかぎり「先生お助け!」と、1手だけ代わりに指してもらえる。使うタイミングがむずかしく、受けがなくなってから「助けて!」とたのんでいるようでは、たとえ羽生さんでも助けるのはムリだ。

今年は12チームが参加(こども28人&保護者8人)。上級者はそれぞれ別チームのキャプテンとなって、中級者や初級者をしたがえている。事前の作戦と、キャプテンがいかに弱い子をフォローできるかがカギとなる。3連勝の2チームは、2日目の最後に決勝戦。それ以外のチームは3局指し。

2勝1敗(あるいは1勝2敗)でならんだチームは、特別ルールで順位をつけた。それは、学年の合計が少ないチームが上ということ(中1は7年生と考える)。吾輩&こども2人のチームはみごとに2勝1敗だったのだが、チームメイト(中1と小2)から「猫ちゃんは何年生ですか?」「う~ん、30年生くらいかな(じっさいはもっと上かも…)」。

…というわけで、わがチームは5位入賞となった。(全チームに賞品あり!)cat

※「リレー将棋」のようすは、「カクザン先生のブログ」の後半をごらんください。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 進化する「こども将棋合宿」 その1 | トップページ | 進化する「こども将棋合宿」 その3 »

将棋のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 進化する「こども将棋合宿」 その1 | トップページ | 進化する「こども将棋合宿」 その3 »

人気ブログランキング