無料ブログはココログ

« 5月9日は初心者・初級者コース | トップページ | 5月9日の福成キッズ将棋教室 »

2012年5月 9日 (水)

気になる言葉「Win-Winを考える」

ふとした偶然からこんな本(『まんがと図解でわかる7つの習慣』)を読んでみた。

まあ、基本的にはビジネスマン向けの本なのだろうが…。吾輩の目にとまったのは、第四の習慣「Win-Winを考える」(その内容についてはここを参照してほしい)。

ふつうの将棋大会(とくに県代表をあらそう大会)では、だれかが勝てば、のこりは負けてしまう。「Win-Lose」の関係がさけられない。ところが、将棋教室どうしの交流、あるいは普及イベントにおいては、「Win-Winを考える」価値があるし、また実現可能だと思うのだ。いったい、どういうことか?

つまり、交流の一番の目的は、競争相手よりも強くなって、競争相手に勝つことではない。参加するこどもたちに刺激をあたえてお互いに高めあうこと。そして、友だちといっしょに参加(遠征)することじたいを楽しんでもらうこと。ここでは、対戦あいてに勝った子ではなく、将棋を楽しんだ子がほんとうの「勝ち組」になる。

指導者&保護者のみなさま方。ほんとうの「勝ち組」をめざしてみませんか?

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 5月9日は初心者・初級者コース | トップページ | 5月9日の福成キッズ将棋教室 »

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

熱心なこと、楽しむことは良いことだけれども、ふやふや楽しむ環境が整いすぎているせいか、「真剣さ」が欠けている子どもがやや目立つように感じます。

コメントありがとうございます。
たしかにそういう面もあるかもしれません…。

教室でいつも決まったお友だちと対局するだけでは緊張感がなくなりがちです。
他の教室のこどもたちと交流することで、ライバル意識がめばえたり、
よい意味での緊張感が得られます。
ですので、やる気のある子はどんどん教室の外につれていって、
刺激をあたえてあげるとよいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« 5月9日は初心者・初級者コース | トップページ | 5月9日の福成キッズ将棋教室 »

人気ブログランキング