無料ブログはココログ

« 自己記録への挑戦 | トップページ | 菅井竜也五段、NHK杯でも快進撃! »

2012年1月28日 (土)

「ハム将棋」を卒業したら…3

おうちで対戦あいてがいないばあい、ネット将棋(将棋倶楽部24など)で対局するのがよいと、世間ではいわれている。しかし、ネット将棋はとてもレベルが高いので、まだ初心者・初級者のうちには、吾輩はあまりオススメしていない。そのかわりに、「ハム将棋」あるいは「将棋ゲーム将皇」の終盤問題(実戦型詰将棋など)をご紹介してきたわけだ。それでも、ハムに勝ったらすぐにネット将棋に挑戦というのは、はやすぎる気がする。

…というわけで、本日は、ハムが弱すぎると感じるようになった子に、最適なあいてをご紹介しよう。その名は「きのあ将棋」という。

ハム将棋は指し手にあまり変化がないので、平手で勝てるようになったら、つまらないだろう。終盤も、あまりにもヌルい手を指してくるし…。一方、この「きのあ将棋」には8人のキャラクターがいてそれぞれに棋風があり、指し手にも変化がある。レベルも入門・初級・中級と3段階にわかれているので、かなりのあいだ楽しめるはずだ。

ハムとのちがいには、次のような点もある。

  • 「きのあ将棋入門者向け」と「ハム将棋」を、画面を2つ開いて手動で対戦させてみたところ、きのあ入門の4勝0敗となった。序盤はハムのほうが強いが、終盤はきのあ入門のほうが強いようだ。
  • 「きのあ将棋」には形勢判断グラフがついているので、自分が有利か不利かわかるようになっている。終盤で大逆転されるとヘコんでしまう…。
  • 投了したいときは、英語でわかりにくいのだが、「resign(投了)」ボタンを押せばよい。(作者さまが、さっそく修正してくださったようです。ありがとうございます!)
  • もう1局指したいばあいは、ブラウザの「←」ボタン(もどる)を押して、前のページにもどればよい。

かくいう吾輩も、はずかしながら、まだ初級者向けキャラクターと練習中なのだ。初級を卒業したら、ネット将棋に挑戦してみようと思っているのだが…。これの初級向け・中級者向けは、ネット将棋ではどのくらいのレベルなのだろうか?

ご存じの方がおられましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします!

昨日の練習メモ:実戦3局、5手詰20問、棋譜並べ1局。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 自己記録への挑戦 | トップページ | 菅井竜也五段、NHK杯でも快進撃! »

将棋上達法(初心者編)」カテゴリの記事

コメント

猫様
同胞管理人の諏訪です。
いつも楽しくブログを、観させていただいています。

ハムを卒業してから、どうしようかと悩んでましたが、きのあ将棋(オンライン)を紹介して頂き、現在研究中です。

子ども達に展開しましたら、レポートなりアップして行きたいと思います。

これからも、よろしくお願いします。

コメントありがとうございます!

家族や近所に将棋の指せる人がいれば一番いいのですが、
そういう環境がない子は上達がおくれがちです。
なんとか手助けができないか?とのことで、いろいろと探しているところです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

ご紹介ありがとうございます。

あわせて、「resign」ボタンなど、
わかりずらい表記を修正する参考にいたしましたことをご報告します。
(非日本語圏のユーザーも少ないですがいることと
ブログ記事と時間がたっていないのに齟齬が出ることを避けるため併記にしました)


なお、きのあ将棋(ブラウザ版)の棋力ですが
「初級者向け」は、
倶楽部24の現7級の知り合いと勝ったり負けたり。

「中級者向け」は、
倶楽部24で最近、5級~初段をさまよった私の経験からすると1~3級程度と推測しています。

※ 「入門者向け」は不明。
※ 2012/01/29時点での前提。

すばやい修正&くわしい情報ありがとうございます。

「初級向け」はそんなに強かったのですか!
私は負けこしているので、はずかしくてブログ本文では
ぼかした表現にしておりました…。
「初級向け」にあるていど以上勝てるようになったら、
ネット将棋にデビューできそうですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 自己記録への挑戦 | トップページ | 菅井竜也五段、NHK杯でも快進撃! »

人気ブログランキング