無料ブログはココログ

« 2月1日は中級者・上級者コース | トップページ | 気になる言葉「お前はアーティストだ!」 »

2012年1月31日 (火)

気になる言葉「才能とは続けられること」

PHP研究所より、羽生さんの新しい本がでた。その名は、『才能とは続けられること』

「将棋に限らず、勉強でもスポーツでも仕事でも、大切なことは『継続すること』だと思っています。以前の私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていました。しかし今は、十年、二十年と、ひとつの物事をずっと長く続けること、継続することが、一番の才能ではないかと思います。」(第二章「勝利の思考法」より) 

羽生さんが奨励会の若い人たちをみての感想だが、パッといい手がひらめくこと、あるいはたくさんの手が読めることもたしかに才能のひとつだ。しかし、それよりも、地道に、着実に、一歩一歩すすみ続けることのほうが大切であり、これができるのがなによりの才能だというのだ。

吾輩もまことに同感で、こども将棋は小学生の数年間で勝負を決める短距離競争ではなく、長い目でみたマラソン、あるいは世代をこえてタスキをつなぐ駅伝なのだと思っている。

昨日の練習メモ:実戦2局、3手詰30問&7手詰5問、棋譜並べ1局。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 2月1日は中級者・上級者コース | トップページ | 気になる言葉「お前はアーティストだ!」 »

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング