無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

気になる言葉「才能とは続けられること」

PHP研究所より、羽生さんの新しい本がでた。その名は、『才能とは続けられること』

「将棋に限らず、勉強でもスポーツでも仕事でも、大切なことは『継続すること』だと思っています。以前の私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていました。しかし今は、十年、二十年と、ひとつの物事をずっと長く続けること、継続することが、一番の才能ではないかと思います。」(第二章「勝利の思考法」より) 

羽生さんが奨励会の若い人たちをみての感想だが、パッといい手がひらめくこと、あるいはたくさんの手が読めることもたしかに才能のひとつだ。しかし、それよりも、地道に、着実に、一歩一歩すすみ続けることのほうが大切であり、これができるのがなによりの才能だというのだ。

吾輩もまことに同感で、こども将棋は小学生の数年間で勝負を決める短距離競争ではなく、長い目でみたマラソン、あるいは世代をこえてタスキをつなぐ駅伝なのだと思っている。

昨日の練習メモ:実戦2局、3手詰30問&7手詰5問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月30日 (月)

2月1日は中級者・上級者コース

岡山県こども将棋界のビッグイベント「岡山県こども将棋教室交流戦」もおわり、また通常の教室がはじまるぞ。明後日(2月1日)は第1水曜日なので、中級者・上級者コースのみなさんだ。こちらのコースから今回の交流戦(津山大会)に参加した子の多くは、好成績をおさめることができた。この調子で、これからもがんばろう!
※Aクラスで銀メダルと銅メダル、Bクラスで金メダルの獲得など。

福成キッズ将棋教室の開催日は、
Aクラス(上級)・Bクラス(中級)は第1・第3水曜日
C1クラス(初級)・C2クラス(初心)は第2・第4水曜日だ。

今後の日程は、

A・Bクラスは2月1日(水)、2月15日(水)。

Cクラスは2月8日(水)、2月22日(水)。

お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

昨日の練習メモ:実戦2局、7手詰20問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

菅井竜也五段の情報ならココ

昨日(1月29日)のお昼ごろより、とつぜんアクセス数がいつもの数倍に急増した。みなさんのお目当ては、菅井竜也五段の情報のようだ。菅井五段についてのくわしい情報は、以下のホームページとブログをみてほしい。

「竜棋会(菅井竜也後援会)ホームページ」

「竜棋会(菅井竜也後援会)ブログ」

NHK杯のテレビでは、こどもたちを指導するときとは別人のように鋭い目つきになっていた。次の大一番は、NHK杯では渡辺竜王・王座との一戦(準々決勝)、朝日杯では羽生王位・棋聖との一戦(準決勝)だ。現在の将棋界を代表する2人との対決が本当に楽しみだ。

岡山県のこども将棋教室にかよっているこどもたちは、みんなで応援しよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月29日 (日)

気になる言葉「まわりもいっしょに強くする」

これはたぶんNHKのテレビ番組で森内名人がいっていた言葉だったと思う(ちょっとさがしてみたが、はっきりとしたソースはみつからず…)。うろおぼえで申し訳ないが、たしかこのような内容だった。

「羽生さんの一番すごいところは、自分だけではなく、まわりもいっしょに強くすることです。なにか重要なことに自分だけが気がついているとして、ヒミツにして黙っていればいつまでも勝てるわけですが、それをしないんです。」 

約20年前に将棋界に登場した「羽生世代」が、いまだにタイトルの多くを争っている。このような現象がおきた要因は、たんなる偶然ではなく、羽生さんがまわりを強くしながら強くなってきたことにあるはずだ。

こども将棋教室においても、1人のエースだけを強くするのではなく、全体のレベルを上げること(または全体が楽しめること)。あるいは、自分の教室だけではなく、交流のある教室といっしょに高めあうこと(または、いっしょに楽しむこと)が重要なのではないか? と吾輩は思うのだ。

昨日の練習メモ:実戦2局、7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

菅井竜也五段、NHK杯でも快進撃!

本日(1月29日)に放送された「第61回NHK杯 テレビ将棋トーナメント」において、菅井竜也五段が粘りに粘る深浦康市九段を振り切って、ベスト8進出を決めた。解説担当の井上九段(菅井五段の師匠)は、最後は解説ではなく、たんなる菅井五段への応援になっていた気がしたが…。

※棋譜はいずれ、「NHK杯 テレビ将棋トーナメント」のサイトにのるはずだ(現時点ではまだのっていない)。
※菅井五段についてのくわしい情報は、「竜棋会(菅井竜也後援会)ブログ」をみてほしい。

先日津山でおこなわれた「岡山県こども将棋教室交流戦」では、菅井五段の指導を受けたこどももたくさんいた。菅井先生は強かったよね? それともやさしく教えてくれたかな?

次はいよいよ、今期絶好調の渡辺竜王・王座との一戦だ。2月26日(日)放送予定なので、みんなで応援しよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月28日 (土)

「ハム将棋」を卒業したら…3

おうちで対戦あいてがいないばあい、ネット将棋(将棋倶楽部24など)で対局するのがよいと、世間ではいわれている。しかし、ネット将棋はとてもレベルが高いので、まだ初心者・初級者のうちには、吾輩はあまりオススメしていない。そのかわりに、「ハム将棋」あるいは「将棋ゲーム将皇」の終盤問題(実戦型詰将棋など)をご紹介してきたわけだ。それでも、ハムに勝ったらすぐにネット将棋に挑戦というのは、はやすぎる気がする。

…というわけで、本日は、ハムが弱すぎると感じるようになった子に、最適なあいてをご紹介しよう。その名は「きのあ将棋」という。

ハム将棋は指し手にあまり変化がないので、平手で勝てるようになったら、つまらないだろう。終盤も、あまりにもヌルい手を指してくるし…。一方、この「きのあ将棋」には8人のキャラクターがいてそれぞれに棋風があり、指し手にも変化がある。レベルも入門・初級・中級と3段階にわかれているので、かなりのあいだ楽しめるはずだ。

ハムとのちがいには、次のような点もある。

  • 「きのあ将棋入門者向け」と「ハム将棋」を、画面を2つ開いて手動で対戦させてみたところ、きのあ入門の4勝0敗となった。序盤はハムのほうが強いが、終盤はきのあ入門のほうが強いようだ。
  • 「きのあ将棋」には形勢判断グラフがついているので、自分が有利か不利かわかるようになっている。終盤で大逆転されるとヘコんでしまう…。
  • 投了したいときは、英語でわかりにくいのだが、「resign(投了)」ボタンを押せばよい。(作者さまが、さっそく修正してくださったようです。ありがとうございます!)
  • もう1局指したいばあいは、ブラウザの「←」ボタン(もどる)を押して、前のページにもどればよい。

かくいう吾輩も、はずかしながら、まだ初級者向けキャラクターと練習中なのだ。初級を卒業したら、ネット将棋に挑戦してみようと思っているのだが…。これの初級向け・中級者向けは、ネット将棋ではどのくらいのレベルなのだろうか?

ご存じの方がおられましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします!

昨日の練習メモ:実戦3局、5手詰20問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月27日 (金)

自己記録への挑戦

とある高校の先生とのお話より。

「最近、うちの高校では、人気のある部が変わってきているんです。スポーツでは陸上部がとても多いんですよ。」
「でも、陸上だとうまれつき足の速い遅いがあるので、おもしろくないのでは?」
「他人との競争ではなく、自己記録へ挑戦させるんです。」
「なるほど!」

ネット将棋(将棋倶楽部24など)の人気があるのは、ひとつにはレーティング方式で実力が数値化されており、自己最高点への挑戦ができることもあるのだろう。ふつうは将棋の実力測定(段級の認定)はあいまいで、自分が進歩しているのかどうかが、なかなかみえてこないからだ。将棋教室にライバルがいたとして、じぶんが強くなっても、相手も強くなっていて、力関係が変わらないことだってある。

そういう意味では、「岡山県こども将棋教室交流戦」のように、毎回おなじクラス設定がある大会では、「Dクラス→Cクラス→Bクラス→Aクラス」と、参加クラスが変わることで進歩が目にみえてくる。また、おなじクラスに参加しても、「全敗→1勝→勝ち越し→上位入賞」と、上達を実感することもできる。おなじ方式でつづけることにより、こどもたちの目標としやすい大会になっていると思うのだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

あしたのために その7

こども将棋大会にでてみよう

今回は予定をちょっと変更して、こども将棋大会について説明します。ふだんの教室でおともだちと指すのは楽しいものです。しか~し、いつもおなじあいてばかりでは、しげきがないのではありませんか? そこで、ぜひこども将棋大会にでてみることをオススメします。「でも、あいてがめっちゃ強いのでは?」とビビッている子もいるかもしれません。でも、だいじょうぶ! そんなきみにもぴったりの大会はあります。

1. 初心者がおおい(または低学年クラスのある)
   大会にでてみるべし!

2. おともだちといっしょにでてみるべし!

たとえば、じつりょくべつにAクラス(有段者)~Dクラス(初心者)にわかれている大会があります。また、中学校・小学校4~6年・小学校1~3年などと学年べつにわかれている大会もあります。たとえ本戦でまけても、自由対局をすると景品がいっぱいもらえる大会もあります。ですから、福成教室の初心者・初級者のみなさんでも楽しめる大会は、たくさんあります!

みなさんにオススメの大会を、ときどき教室であんないしますので、おともだちをさそって、ぜひでてみてください。ひとりででるよりも、みんなといっしょにでたほうがおもしろいですよ! 福成教室のAクラス(上級者)のこどもたちは、先生やおともだち、ときにはお父さんといっしょに、たくさんの大会にでています。

大会にでて、もしも1勝できたら自信もつきますし、本当にうれしいですよ。たとえ負けて泣くことがあっても、とてもよい勉強になります。保護者の方々も、ぜひ積極的に大会につれていってあげてください。よろしくお願いいたします。

次回は、中盤のねらい(駒得をすること・成り駒をつくること)について、説明する予定です。

昨日の練習メモ:実戦2局、5手詰40問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月26日 (木)

「岡山県こども将棋教室交流戦」の感想4

福成キッズの成長について

津山でおこなわれた「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」の感想のさいごだ。他の教室からエントリーしている子もふくめて、福成教室関係のおともだちについてひとことずつ。

A・Tくん(Aクラス準優勝):
実力はありながら、これまでの大会ではなかなか結果がでなかったけれど、ついに殻をやぶったね。予選唯一の5戦全勝は立派! 

T・Mくん(Aクラス第3位):
優勝候補ナンバーワンとの前評判がプレッシャーになったかな? 予選で同門の福成キッズに2敗したものの、しっかりとメダルは確保した! 

T・Yくん(Aクラス第4位):
現福成キッズ名人の実力をみせてくれた。予選4勝1敗はおみごと! 

T・Rくん(Aクラス2勝):
初戦で優勝候補をやぶるという大波乱をおこした! 有段者にも、ときどき勝てるようになってきたね。 

T・Rくん(Bクラス優勝):
1年前のまび大会のCクラスにつづき、2度目の優勝! もうBクラスは卒業だね。 

K・Kくん(Bクラス第4位):
長いブランクがあったのに、先週の玉野初夢杯につづいての好成績だ! 

T・Mさん(L&Gクラス準優勝):
福成大会の優勝につづいて強敵をたおし、みごとに銀メダルをゲット! 大会に強いね。

T・Hくん(Cクラス3勝):
体調がわるかったみたいだけれど、よく勝ち越したね。実力はもっとあるよ! 

T・Kくん(Cクラス2勝):
まだ1年生なのにCクラスへ挑戦、そして2勝は立派! 

T・Kくん(Dクラス2勝):
はじめに2連敗して泣いてしまったけれど、後半はよくがんばったね! 

勝っても負けても、大会にでた子はみな、たくましく成長しています。保護者のみなさま方はたいへんでしょうが、積極的にこどもたちを大会につれていってあげてください。よろしくお願いいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月25日の福成キッズ将棋教室

サプライズ・ゲスト登場!

本日で2回目の「初心者・初級者コース」だが、メイン講師のY先生が遅刻とのこと…。ちょっと困っていたら、なんとサプライズ・ゲスト「カクザン先生」のご登場! 助かりました。いつもていねいなご指導、ありがとうございます!

初心者のみなさんは、教室でのおともだちとの対局が中心で、あまり大会に参加したことがない。なので、大会で他の教室のライバルたちとどのくらい戦えるのか? これまでは吾輩にもよくわからなかった。しかし、今回の津山の交流戦に「初心者・初級者コース」から3人のおともだちが参加したので、だいたいのレベルがつかめてきたぞ。

初心者クラス・低学年クラス・女子クラスのある大会だったら、C1上位の子は活躍できそうだし、C2のみんなでも1勝はできそうだ。これからは大会への出場を目標にして練習していこう!

福成キッズ将棋教室の開催日は、
Aクラス(上級)・Bクラス(中級)は第1・第3水曜日
C1クラス(初級)・C2クラス(初心)は第2・第4水曜日だ。

今後の日程は、

A・Bクラスは2月1日(水)、2月15日(水)。

Cクラスは2月8日(水)、2月22日(水)。

初心者・初級者コースでは“楽しく上達”、中級者・上級者コースでは“厳しく勝負”という方針です。今年中にC2クラスはC1クラスへ、C1クラスはBクラスへ、全員が昇級をめざしましょう!

昨日の練習メモ:実戦2局、3手詰30問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月25日 (水)

「岡山県こども将棋教室交流戦」の感想3

住所不定玉先生のこと

津山でおこなわれた「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」の感想のつづきだ。今回の企画&運営の中心となって動かれた住所不定玉先生についてひとこと。

岡山県のみなさんはよくご存じだと思うが、住所不定玉先生は「岡山県将棋情報」というブログから情報発信をされていらっしゃる。津山にこられてからの、ここ3年間の精力的な活動にはおどろくばかりだ。今回の交流戦にも津山教室からはなんと31名!の参加があったという。いぜんの津山教室とくらべても、信じられない気がする。

吾輩は何度も津山の教室やイベントに参加したり、さまざまな大会で教え子が痛い目にあったり、いっしょに大会を企画&運営したり…と、かなりの勉強をさせていただいた。こどもを指導するには、もちろんさまざまなテクニックがあるのだろう。しかし、「こどもたちが強くなる・教室の生徒がふえてくる・楽しいイベントが開催できる」という最大のヒケツは、住所不定玉先生のこどもたちへの愛情&熱意なのではないか?と感じている。

今回の大役おつかれさまでした。今後ともおつきあいを、よろしくお願いいたします。

昨日の練習メモ:実戦1局、3手詰30問&7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月24日 (火)

「岡山県こども将棋教室交流戦」の感想2

某プロとの会話より

津山でおこなわれた「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」の感想のつづきだ。急きょ、吾輩が某プロを車でお迎えにいくこととなり、間をもたせるために車中で少しお話をした。

「以前、先生には我が子をご指導していただいたことがあるんですよ。『つえ~~っ!』とびっくりしていました。」
「指導将棋は、どの程度厳しく指したらいいのか?がよくわからないんです。『厳しく指してほしい』といわれる方もいらっしゃるので。」
「強い大人の人はそうだと思いますが、今日は小さい初心者が多いので、弱い子にはやさしく、強い子には厳しくで、お願いします。」
「わかりました。以前はそういうさじ加減がわからなかったんです。」

指導将棋(プロ棋士3名&アマチュア強豪3名)では、勝てば「うまい棒」2本ゲット、負けても「うまい棒」1本ゲットというルールだった。初心者にやさしい先生が多かったので、たくさんの子が「うまい棒」を何本もゲットできたようだ。

昨日の練習メモ:実戦3局、5手詰20問&7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月25日は初心者・初級者コース

岡山県こども将棋界のビッグイベント「岡山県こども将棋教室交流戦」もおわり、また通常の教室がはじまるぞ。明日(1月25日)は第4水曜日なので、初心者・初級者コースのみなさんだ。こちらのコースから今回の交流戦(津山大会)に参加したのは、Tくん兄弟とTお姉さんの3人だけとちょっとさびしかった…。
※Tお姉さんはL&Gクラスで6勝1敗と、銀メダルの大活躍!

でも、交流戦は実力別・男女別のクラスわけがあるので、C1・C2クラスのこどもたちでも、じゅうぶんに戦える。つぎの交流戦(夏休みの笠岡大会)には自信をもって出場できるように、みんなといっしょにがんばっていこう。交流戦以外にも、初心者が楽しめる大会やイベントをみつけしだい紹介していくので、積極的に参加してほしい!

福成キッズ将棋教室の開催日は、
Aクラス(上級)・Bクラス(中級)は第1・第3水曜日
C1クラス(初級)・C2クラス(初心)は第2・第4水曜日だ。

今後の日程は、

A・Bクラスは2月1日(水)、2月15日(水)。

Cクラスは1月25日(水)、2月8日(水)。

お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月23日 (月)

「岡山県こども将棋教室交流戦」の感想1

勝ち負け以外にも意義はある

昨日、津山でおこなわれた「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」の感想だ。まだ、正式な勝敗結果をみていないので、個人的(個猫的?)な印象を述べたい。

この大会は、吾輩がこどもをはじめて引率して参加した大会であり、前回は福成教室が当番となって企画から広報・運営にかかわったこともあって、たいへん思い入れのある大会だ。

岡山県内の各教室があつまって勝負を争うわけだから、勝利のよろこびあり、その陰で涙あり…というドラマももちろんある。しかし、この大会はそれだけが目的ではない。それ以上に、こどもたちや講師の方々の交流が一番の目的なのだ。公式戦終了後も、他教室のこどもどうし、あるいは講師の方々との自由対局がさかんにおこなわれていた。

大会の規模やレベルも、吾輩がはじめて参加した4年前(まび大会)とくらべると、参加人数は2倍以上で、レベルもかなり上がっている。顔見知りのこどもや、吾輩と指したことのあるこどもも多く、ついみんなを応援したくなる。

4年前に初参加のRくん。当時は小1(初心~初級者)で、指導将棋のカレーパン先生に8枚落ちでも勝てないくらいの棋力だった。大会では、原始棒銀を受けることができなかったよね。それが今回はじめてAクラスへの挑戦。上位進出はならなかったが、菅井先生にほめていただけるようないい将棋もあったようだ。カレーパン先生にも2枚落ちで雪辱できたとか…(ご指導ありがとうございます!)。

吾輩は指導将棋の案内を担当させていただいた。印象にのこっているのは、「どんなに待ってもいいから菅井先生と指したい!」という子が多かったことだ。ここ岡山県のこどもたちにとっては、菅井先生の人気&存在感は羽生さんなみだろう。

昨日の練習メモ:実戦1局、5手詰20問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月22日 (日)

「岡山県こども将棋教室交流戦」速報

本日1月22日(日)、津山での「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」に車2台と選手6名で参加。ついさきほど帰ってきたところだ(Y先生と吾輩は、裏方で少しばかりのお手伝い)。とりあえずの結果は以下のとおり。(詳細については、各教室の先生方が書かれている「岡山県将棋情報」「水島子ども将棋教室HP」「ゴロン太先生のブログ」「カクザン先生のブログ」「カレーパン先生のブログ」「竜棋会ブログ」を参照してほしい。)

【A組(有段者&上級者)】優勝:太田賢吾(小4:水島教室)

【B組(中級者)】優勝:高橋 陸(小5:岡南教室)

【C組(初級者)】優勝:高見大地(小5:津山教室)

【D組(初心者)】優勝:中村蒼斗(小1:水島教室)

【L&G組(女性)】優勝:荒瀬理子(小4:水島教室)

各クラス優勝のみなさま、おめでとうございます!

水島教室が5部門のうち3部門を制覇。われらが福成キッズも優勝こそなかったが、A組の第2位~第4位をしめるなど、優秀な成績をおさめた子が多かった。水島教室・福成教室に限らず、昨年の「こども将棋合宿」に参加した熱心なこどもたちは、みな着実に力をつけてきているように感じた。

一方で、思ったほどの成績をあげられなかった子もいるだろう。今日のくやしさを忘れず、反省すべき点は反省して、次の大会に向けて明日からしっかり練習しよう!

津山教室の住所不定玉先生をはじめとして、先生方、プロ棋士のみなさま方、お疲れさまでした。次回当番(笠岡こども将棋同好会)のカレーパン先生、よろしくお願いいたします。

昨日の練習メモ:実戦2局、5手詰20問&7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月21日 (土)

明日は、岡山県こども将棋教室交流戦

明日1月22日(日)は、待ちに待った津山での「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」だ。80名以上のこどもたち&レディースのみなさまが、エントリーしているらしい。

昨年8月の福成大会とくらべてみて、1つ上のクラスに挑戦するこどもたちがたくさんいる。5か月のあいだに、それだけ力をつけた子が多いのだろう。もちろん、上のクラスで強い子にチャレンジするわけだから、負けても少しもはずかしくないぞ! たとえ上位に入賞できなくても、1勝できればたいしたものだ。

いっぽう、大会参加がはじめての子や、これまで上位に入賞したことがない子でも、DクラスやG&Lクラスならば大丈夫! ちょうどいい相手がたくさんいるはずだ。

気になる明日のお天気だが、いまのところは最高気温9℃、最低気温2℃、午前中の降水確率20%との予報だ。

→ 「YAHOO! 明日の天気(岡山県北部:津山)」

それでは、明日、津山でお会いしましょう。運転の方はお気をつけて!

昨日の練習メモ:実戦1局、3手詰20問&7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月20日 (金)

菅井五段が快進撃!

本日(1月20日)におこなわれた「第5回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント」において、菅井竜也五段が2連勝。準決勝進出を決めた。準決勝の相手は羽生二冠。菅井五段は大和証券杯で優勝、NHK杯でもベスト16に勝ち残っており、早指しならば、すでにトップクラスの実力をもっているようだ。

※棋譜は、「朝日杯将棋オープン戦中継サイト」を参照してほしい。

※さらには、こんなコメント集も…。「将棋速報FUZIP」

1月22日(日)に津山でおこなわれる「岡山県こども将棋教室交流戦」では、菅井五段をはじめ、阪口五段・山田女流二段の指導将棋もあるぞ!

みなさん、楽しみにしてくださいね!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

水島子ども将棋教室にて

交流戦を前にして、最後の特訓

1月19日(木)、Y先生とともにこども1人を連れての参加。津山での交流戦を前にして、初心~中級のこどもたちとの最後の特訓にむかった。

まずは、Dクラス参加のSくん(小1)との飛車落ち。終盤の攻め合いで、「え? 飛車をくれるの? ありがとう」といただいたら、なんと詰み! まいりました。強くなっているね。

つぎは、Bクラスへ挑戦のKくん(小2)との平手。Bクラスはちょっと厳しいか?と思っていたが、先日の小学生大会では6年生にまじって、みごと3位に入賞している。得意戦法は原始棒銀かと思いきや、「原始棒銀なんて、もうしないよ」。勝ち逃げされそうになったので、つかまえてなんとか1勝1敗に。半年前は4枚落ちでも勝てたのだが…。たしかに、Cクラスは卒業のレベルだね。

さいごはG&LクラスのRさん(小4)との平手。前回の福成大会ではみごとに勝ち越している。居飛車対振り飛車の対抗形から、終盤の一手あらそいに…。一瞬のスキをついて、吾輩が連続王手から必至をかける。さあ、詰ますことができるかどうか? ちょっと考えたけれど、最後はぴったり詰み。これだけ指せれば、津山でも大丈夫だよ。

選手&保護者のみなさん、津山でお会いしましょう。運転の方はお気をつけて!

昨日の練習メモ:実戦6局、3手詰20問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月19日 (木)

気になる言葉「城をつくる話」

ずいぶん前にきいた話で、細部はよくおぼえていない。しかし、妙に印象に残っているものがある。

昔のお話だ。ある工事現場ではたらいている人に「いまあなたは何をしているのですか?」とたずねたところ…。

Aさんの答え、「私は石をつみあげています。」

Bさんの答え、「私は石垣をつくっています。」

Cさんの答え、「私は城をつくっています。」

じっさいには、この3人はおなじ仕事をしているのだ。ちがうのはその意識のもちようである。「石をつみあげろ」と指示されたので、ただそのとおり石をつんでいるのがAさん。石垣をつくろうとしながら石をつんでいるのがBさん。お城の土台となる石垣をつくろうとして石をつんでいるのがCさんだ。

この3人の石のつみかたはおなじだろうか? ちがいがあるだろうか? だれの仕事が、細部まで気をくばったよいものになるだろうか? 無責任な仕事をするとすれば、だれだろうか? 

「城をつくる」というのはあくまでも“たとえ話”である。何をするにしても、たんに石をつんでいる人と、城をつくっている人がいるのだろう。将棋の普及において、城をつくるという意識に一歩でも近づきたいものだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月18日の福成キッズ将棋教室

はじめての「中級者・上級者コース」

こどもたちの人数がふえてきたため、今回からは中級者・上級者・有段者も、試験的にクラスをわけての教室となった。初心者・初級者コースとの違いは2つある。ひとつは、対局時計を使うこと。もうひとつは、こどもどうしの対局でも感想戦をかならずすること(勝っても感想戦をしない子は、勝ち星を取り消し!)。

人数的に余裕のできたおかげで、吾輩はBクラスのこどもたちと対局することができた。みんなそれぞれ強くなってはいるのだが…、先日の某将棋センターの中級者たちとくらべると、いまひとつ迫力がないのも事実だ。もっとガンガンぶつかって、はやく吾輩を乗り越えてほしいところだ。(とはいえ、秒読みにおわれて? 1敗してしまった…。)

A・Bクラスはこれまでどおり、第1・第3水曜日。C1・C2クラスは第2・第4水曜日の教室だ。じぶんたちのクラスと開催日をよ~く確認してほしい。

今後の日程は、

A・Bクラスは2月1日(水)、2月15日(水)。

Cクラスは1月25日(水)、2月8日(水)。

今年中にBクラスはAクラスへ、Aクラスは有段者へ、全員が昇級・昇段をめざしましょう!

昨日の練習メモ:実戦5局、3手詰20問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月18日 (水)

あしたのために その6

序盤のねらい:守りの形をおぼえよう

前回は序盤のねらいのうち、攻めの形について説明しました。今回は守りの形(玉の囲い)について説明します。(カードが小さくて図面が入らないので、別紙をじゅんびする予定です。参考サイト:「5級までの上達法」

守りについても、これまではじぶんでかんがえて駒を動かしていたかもしれません。あるいは、王手をかけられるまで居玉(王様のはじめのばしょ)のままという人もおおいでしょう。じぶんがいっぽうてきに攻めて勝てるのならば、居玉でもかまいません。しかし、あいてから攻められたばあいは、居玉は負けやすいのです。

じつは将棋には、勝ちやすい守り方があるんです。王様のまわりに家来(けらい)として金や銀をあつめて、王様はお城のなかにはいるのです。これを玉の囲いといいます。Bクラス(中級者)・Aクラス(上級者)のこどもたちは、みな得意な囲いをもっています。将棋にはたくさんの囲いがありますが、まず、Cクラス(初心者・初級者)のみなさんにおぼえてほしいのが、つぎの2つの囲いです。

1. 居飛車のばあい
  →まずは、カニ囲いをおぼえるべし!

2. 中飛車のばあい
  →まずは、片美濃(かたみの)囲いをおぼえるべし!

玉の囲いには、この2つよりも強力な矢倉囲いや、もっと強力な穴熊囲いもあります。しかし、完成するまでに手数がかかるのが弱点です。初心者のみなさんは、囲いができる前に先に攻められて負けてしまうかもしれません。ですので、まずはいちばんかんたんな「カニ囲い」「片美濃囲い」のどちらかを得意にしましょう。

守りについても、実戦でたくさんつかっているうちに、だんだんとコツがわかってきます。ここだけの話ですが、玉の囲いをくずして攻めることは、初心者にはむずかしいです。ですから、じぶんだけが玉を囲って、あいてよりも先に攻めることができれば、ほとんど勝てると思います。これはライバルにはないしょにしておきましょう。

次回は、中盤のねらい(駒得をすること・成り駒をつくること)について、もうすこしくわしく説明します。

昨日の練習メモ:実戦1局、3手詰60問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月17日 (火)

1月18日は中級者・上級者コース

だんだん福成キッズ将棋教室が認知されてきたようで、教室へ参加してくれるこどもたちがふえている。より個別に指導するために、前回ご連絡したとおり、試験的にクラスをわけて教室をおこなうことになった。

Aクラス(上級)・Bクラス(中級)はこれまでどおり、第1・第3水曜日

C1クラス(初級)・C2クラス(初心)はあらたに第2・第4水曜日

の教室となる。じぶんたちのクラスと開催日を確認してほしい! 明日(1月18日)は第2水曜日なので、中級者・上級者コース(&有段者)のみなさんだ。中級者・上級者向けにも、終盤力養成のための本(囲いくずし・必至・詰将棋)を貸し出すぞ! とくに、終盤の手筋本に取り組んだことのない人は、ぜひ借りてマスターしてほしい。

今後の日程は、

A・Bクラスは1月18日(水)、2月1日(水)。

Cクラスは1月25日(水)、2月8日(水)。

お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月16日 (月)

玉野支部の初夢杯に参加してきたぞ

1月15日(日)、玉野支部主催の「初夢杯将棋大会」に、こども3名をつれて参加してきた。正直にいって、例年ジュニアの部(小学生)は参加者が少なく、もりあがっていなかった。ところが、今回はスパイラル将棋センターから強力メンバー7名が遠征してくるという。…これではいけないと、急きょ、対抗できそうな小学生たちに声をおかけした。参加してくださった、福成教室・水島教室・岡南教室関係者&地元玉野市のみなさま、ありがとうございます!

…おかげさまで、ジュニアの部に15名?、大人の部(S、A、B)に8名もの小学生が参加となり、全体でも60名以上と、たいへんもりあがった大会となった。(練習対局にいそがしくて、詳しい結果はよくわかりません。スミマセン…。)

吾輩はB級(級位者の部)でも通用しそうにないので、こどもたちの応援の後、先日の大会でたたかった小3コンビのWくん(ジュニアの部優勝)とKくん(ジュニアの部 敗者戦優勝)に再戦をいどんだ。わずか40日前にはほとんど互角だったような気がしたのだが、冬休み中の練習量の差か、おなじ作戦がまったく通用しなくなっていた…。さらにこの上には、A級(初~二段の部)で3位に入賞した、やはり小3のKくんがいる。このKくん、昨年の6月にはじめて会ったときには9級と聞いたはずだが…。スパイラル軍団おそるべし!

しかし、「転んでもタダではおきないぞ」と、引率の先生やこどもたちから、スパイラル軍団の急成長のヒミツの一端を取材した。一言でいえば、こどもたちのライバル意識と、とんでもない量の練習の成果だということだ。今年も香川県内外の大会を席巻することは間違いないだろう。

玉野支部のみなさま方、準備&運営おつかれさまでした。
K先生、今後ともよろしくお願いいたします。
大会のようすはこちら。→ スパイラル将棋センター【香川県将棋情報】

昨日の練習メモ:実戦6局、5手詰30問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月15日 (日)

あしたのために その5

序盤のねらい:攻めの形をおぼえよう

前回は将棋のねらいについて説明しました。今回は序盤のねらいのうち、攻めの形について説明します。(カードが小さくて図面が入らないので、別紙をじゅんびする予定です。参考サイト:「5級までの上達法」

攻めについては、これまではじぶんで考えて駒を動かしていたかもしれません。でもあいてが強いばあいは、飛車や角をとびだしてみても、なかなか成ること(竜や馬になること)ができなません。桂馬をはねてみても、歩にとられてしまうことがおおいでしょう。つまり、1枚の駒だけで攻めることはできないのです。

じつは将棋には、勝ちやすい攻め方があるんです。これを戦法(せんぽう)といいます。Bクラス(中級者)・Aクラス(上級者)のこどもたちは、みな得意な戦法をもっています。将棋にはたくさんの戦法がありますが、まず、Cクラス(初心者・初級者)のみなさんにおぼえてほしいのが、つぎの2つの戦法です。

1. まずは、棒銀戦法をおぼえるべし!

2. つぎに、中飛車戦法をおぼえるべし!

棒銀とは、飛車と銀と歩がきょうりょくして前進する攻め方です。2枚いじょうの駒がきょうりょくして攻めることを数の攻めといいます。棒銀の基本は居飛車からの攻めですが、中飛車からおなじように攻めることもできます。居飛車の棒銀は、飛車をたてに使って角のあたまをねらいます。中飛車の棒銀は、飛車をまんなかに動かして中央とっぱをねらいます。まずはどちらか好きなほうを得意戦法にしてください。

また、序盤に玉を動かさないことを居玉(いぎょく)といいます。居玉のままで棒銀で攻める戦法が「原始棒銀(げんしぼうぎん)戦法」です。たいていの入門書には原始棒銀戦法がのっています。福成教室にも『マンガでおぼえる棒銀戦法』がありますので、入門書をもっていない人には貸しだしできます。この本はマンガなので、1年生でも読めると思います。

なかなかあいてが本のとおりに指してはくれませんが、実戦でたくさんつかっているうちに、だんだんとコツがわかってきます。戦法をおぼえるには、たくさんのけいけんをつむことです。はじめのうちは勝ち負けはあまり気にせずに、ひたすら棒銀から攻めてみましょう。

次回は、守りの形(王様の囲い)について説明します。

昨日の練習メモ:実戦1局、5手詰30問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月14日 (土)

あしたのために その4

ねらいをもって指そう!

前回は、強くなるための詰将棋のやりかたを説明しました。今回は、いったい何をねらって駒を動かしていけばよいのか?という「将棋のねらい」について説明します。ルールはおぼえたけれど、いったい何をねらって指していけばよいのか? 初心者・初級者のみなさんには、なかなかわかりませんよね。

とある上級者のこどもは、「どうして弱い子は、意味のない手ばかりを指してくるんだろう?」と不思議がっていました。ここでいう「意味のない手」とは「ねらいのない手」のことです。ねらいをもって指せるようになると、みなさんもきっと中級者~上級者になれますよ。

そこで、まず将棋の対局を「序盤(じょばん:はじめ)→中盤(ちゅうばん:まんなか)→終盤(しゅうばん:おわり)」にわけてみます。おたがいの駒がぶつかるまでが「序盤」です。おたがいの駒がぶつかってからが「中盤」です。おたがいの王様があぶなくなるあたりからが「終盤」です。

1. 序盤のねらい
  →作戦をきめて、攻めと守りの形をつくるべし!

2. 中盤のねらい
  →駒得をするべし & 成り駒をつくるべし!

3. 終盤のねらい
  →守りの金銀をはがし、敵玉のにげ道をふさいで、
    
1手でもはやく詰ますべし!

どうでしょう、将棋のねらいについてイメージできましたか? え? なんのことやらさっぱりわからない? はじめのうちは、しかたがありませんね。ですので、次回は序盤のねらい(攻めと守りの形、戦法と玉の囲い)について、もうすこしくわしく説明します。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

ひさびさの「岡南公民館 中級コース」

交流戦の宣伝&お手伝い

1月8日(日)、お友だちの都合があわず、どうしようか迷っていたが…。津山での「岡山県こども将棋教室交流戦」の宣伝もかねて、ゴロン太先生カクザン先生・ねぶた先生の岡南公民館将棋教室に、めずらしくこども1人だけを連れて参加してきた。

勝敗記録係のお手伝いも本日で3回目くらいか? ようやく状況がわかってきた。岡南教室としては少ない36名!の参加者だったため、運営もわりとスムーズだった気がする。

福成教室でも熱心な子は、月2回の教室だけでは物足りないようで、こちらにも顔をだしている。逆に、もともと岡南教室に通っていて、あとから福成教室に参加してくれるようになった子もいる。今日はNくん・Tくん・F弟くんたちががんばっていて、それぞれ昇級できたようだ。F兄くんは反則勝ち2つを含む絶好調でゴキゲンだった。でも、反則勝ちばかりねらっていては強くなれないぞ! 気をひきしめよう。

あまり吾輩の宣伝効果はなかったが…、大きい教室だけあって、交流戦にはなんとか11名の参加があるようだ。

先生方、本日もありがとうございました。選手&保護者のみなさん、津山でお会いしましょう!

昨日の練習メモ:実戦2局、3手詰30問&7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月13日 (金)

1月11日の福成キッズ将棋教室

はじめての「初心者・初級者コース」

こどもたちの人数がふえてきたため、本日からは試験的にクラスをわけての教室となった。単純にかんがえれば、こどもたちの人数が半分になったわけだ。そのため、これまでとはちがって、何人かのこどもたちと落ち着いて対局することができた。おかげさまで、みんなの実力も弱点もだんだんわかってきたぞ。

C1クラスとC2クラスの最大のちがいは、C1の子は「タダの駒をとれる・タダではとられない」ことだ。BクラスとC1クラスの最大のちがいは、Bの子は「得意な戦法・囲いがある」ことだ。どうしたらみんなに身につけてもらえるか? 考えているところなので、次回からの教室でいっしょに練習していこう。

A・Bクラスはこれまでどおり、第1・第3水曜日。C1・C2クラスは第2・第4水曜日の教室だ。じぶんたちのクラスと開催日をよ~く確認してほしい。

今後の日程は、

A・Bクラスは1月18日(水)、2月1日(水)。

Cクラスは1月25日(水)、2月8日(水)。

今年中にC2クラスはC1クラスへ、C1クラスはBクラスへ、全員が昇級をめざしましょう

昨日の練習メモ:3手詰30問のみ。う~ん、これでは…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月12日 (木)

これまでの常識を疑う その5

自分の子に教えるのは難しい?

将棋教室の先生方のなかにも、我が子に将棋を教えられている(教えようとされている)方は多いようだ。そういう先生方からは「自分のこどもに将棋を教えるのは難しい…」という感想もよく聞かれる。たしかに、それはそのとおりだと思う。ところが、吾輩がほかの保護者の方々と意見をかわして感じるのは、「じつは、他人のこどもに将棋を教えるのも、おなじように難しいのではないか?」ということだ。

おそらく、じぶんのこどもだから、「こう言ったらやる気がなくなった」「さいきん伸びなやんでいる」「将棋にあきてしまったようだ」「負けがつづいてショックを受けている」など、問題点によく気がつくのだろう。じつは、他人の子だっておなじように、つまづいたり、転んだり、回り道をしたりしているのだ。それらをお父さんやお母さんが受け止めているので、おそらく、先生方が気がついていないのだろう。

教室のなかには、順調に伸びている子もいれば、そうでない子もいる。順調に伸びている子は教室で目立つけれども、そんな子ばかりではない。先生方の視線をもうすこしだけ、問題をかかえている子にもむけてあげてほしい。

昨日の練習メモ:実戦5局、3手詰10問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月11日 (水)

これまでの常識を疑う その4

将棋教室での禁句

将棋教室の先生がつい口にしがちで、気をつけたい言葉がある。保護者の立場からみると、水泳教室や英語教室で先生がこのようなことをひんぱんに口にしたら、その教室に通わせる気はしないよね…。

「この子はやる気がない」「この子は集中力がない」
→こどもだけのせいにしないこと。先生のやり方しだいでやる気や集中力がでたり、なくなったりすることもあるのだから…。

「この子は才能がない」「この子は家族の協力がない」
→こども本人の努力でなおせないことを、いわないこと。その条件のなかで、してあげられることを工夫しよう。

才能がある子・強い子にたいして「この子は才能がある」「この子は強い」
→意外に思われるかもしれないが、人前はもちろん本人の前ではできるだけ言わないほうがよい。「天狗」あるいは「お山の大将」になって伸び悩む子はおおいし、他の子がきいて「じゃあボクは才能がないの?」と思ったらたいへんだ。他の子の保護者がきいても、「うちの子は才能がないってこと?」と、よい気はしないだろう。

(注1)本人ではなく保護者だけにたいして、「この子は才能があるから、将棋をずっとつづけさせてください」は、あり。

(注2)逆に、弱い子・負けてばかりの子には、「強くなったね」「きみは才能があるよ」と、どんどんほめてあげること。

あとはもちろん「ひいき」は厳禁だ。おなじ学年なら強くてやる気のある子、おなじ棋力なら学年の小さい子を、ついついかわいがってしまいがちだ。しかし、こどもや保護者はそのあたりにとても敏感なのだ。

吾輩も反省点はおおいので、おたがいに気をつけましょう。

昨日の練習メモ:実戦1局、7手詰10問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月10日 (火)

1月11日は初心者・初級者コース

このブログの影響もすこしはあるのかどうか…。福成キッズ将棋教室にかよってくれるこどもたちの人数がしだいにふえてきた。

とてもうれしいことなのだが、吾輩も手合いと勝敗の記録におわれるばかりで、落ち着いてみんなと対局することができていない。こどもどうしの対局だけではなく、先生方との1対1での指導対局をふやすなど、もっとていねいに教室を運営したいところだ。Y先生のご提案で、次回から試験的にクラスをわけて教室をおこなうことになった。

Aクラス(上級)・Bクラス(中級)はこれまでどおり、第1・第3水曜日

C1クラス(初級)・C2クラス(初心)はあらたに第2・第4水曜日の教室となる。じぶんたちのクラスと開催日を確認してほしい! 明日(1月11日)は第2水曜日なので、初心者・初級者コースのみなさんだ。

今後の日程は、

A・Bクラスは1月18日(水)、2月1日(水)。

Cクラスは1月11日(水)、1月25日(水)。

お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

昨日の練習メモ:実戦1局、3・5手詰20問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 9日 (月)

あしたのために その3

強くなるための詰将棋のやりかた

前回は、強くなるための対局のやりかたを説明しました。今回は、詰将棋のやりかたです。こちらもとてもかんたんです。

1. かんたんにとけそうな問題にとりくむべし!

2. おなじ本に何回もとりくむべし!

詰将棋がにがてな人もいるかもしれません。それは、むずかしすぎる問題にちょうせんしているからです。初心者のうちは、1分考えてもわからない問題には、とりくむひつようはありません。ちょっと考えればわかるくらいの本をやりましょう。

ただし、1回といておわりというわけではなく、おなじ問題に何回もとりくむことがとても大切です。みなさんが足しざん・引きざんのけいさんカードや、かけざんの九九をおぼえたときとおなじです。つぎのように、時間をはかってとりくむのもよい練習になります。

はじめのうちは、ゆっくり答えをたしかめながらすすむ。
→答えをぜんぶおぼえたら、何分で1周できるか、時間をはかる。
→毎日練習をして、タイムをちぢめていく。
→じゅうぶんにおぼえたら、つぎの本へすすむ。

『羽生の一手詰』ならば、まずは10分いないをもくひょうにしましょう。1冊ぜんぶだと問題がおおすぎるばあいは、いくつかにくぎってとりくみましょう。

次回は、いったい何をねらって駒を動かしていけばよいのか?という「将棋のねらい、もくてき」について説明します。

昨日の練習メモ:実戦2局、3手詰20問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 8日 (日)

あしたのために その2

強くなるための対局のやりかた

前回は、強くなるためには対局と詰将棋が大切だといいました。今回は、その対局のやりかたを説明します。…とはいっても、とてもかんたんなことです。

1. 勝ち負けはまったく気にするひつようなし!

2. とにかく、たくさん対局をするべし!

あの羽生さんでさえも、はじめの2~3か月は「負けました、はいつぎ。…負けました、はいつぎ。」と、負けつづけたそうです。つぎに勝てばいいんです。駒をとったりとられたりをくりかえしながら、どんどんたたかいましょう。

おうちの家族(お父さん、おじいちゃん、お母さん、きょうだいなど)が将棋ができるばあいは、家族と対局しましょう。近くにお友だちがいるばあいは、お友だちと対局しましょう。なかなか勝てないばあいは、駒を落としてもらいましょう。人間の対局あいてがいないばあいは、DSやパソコンの将棋ゲームでもよいです。あいてのレベルをひくくしたり、駒を落としたりして、勝てそうなところからはじめてください。

パソコンでインターネットができるばあいは、「ハム将棋」がいちばんのおすすめです。「ハム将棋」でけんさくをすればみつかります(アドレスは、http://hozo.vs.land.to/shogi.html)。まずは「ハム裸玉(はだかぎょく)」にちょうせんしてください。裸玉とは王さま1枚だけ(19枚落ち)のことです。これに勝てるようなら「ハム10枚落ち」→「ハム9枚落ち」→…と、すこしずつハムの駒をふやしてください。もしも平手でも負けないようになったら、福成教室のCクラス(初心者・初級者)はそつぎょうです。

パソコンがなくて、どうしても対局のあいてがいないばあいは、そのぶんだけ詰将棋をたくさんときましょう。詰将棋のやりかたは、次回に説明します。

昨日の練習メモ:実戦1局、3・5手詰20問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 7日 (土)

里見女流三冠が奨励会初段に!

すでにマスコミでとりあげられているように、里見香奈女流三冠が本日(1月7日)におこなわれた奨励会で昇段規定を満たし(12勝4敗)、現行規定では女性初となる奨励会初段に昇格した。

詳しくは、こちらの記事へ。
「将棋の里見さん、奨励会初段に昇格 現規定では女性初」(asahi.comより)

女性ではじめての二段昇段や三段リーグ入り、さらには奨励会突破がなるかどうか? おそらく、ライバルたちも負けじと追いついてくるだろう。加藤桃子女流王座(奨励会1級)をふくめて、現在5名いる女性奨励会員から目が離せない。

みなさまの今後のご活躍を楽しみにしております!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

早稲(わせ)と晩稲(おくて)

むずかしいけれど…、上達スピードを気にしない!

将棋とは直接かんけいないのだが、イネには早稲(わせ)と晩稲(おくて)がある。岡山県だと早稲なら8~9月、晩稲なら10~11月に収穫となる。成長のスピードや収穫時期がずいぶんちがうよね。

早稲の代表は「コシヒカリ」、晩稲の代表は「朝日」だ。全国的にはコシヒカリのほうが有名かもしれないが、朝日もおいしい。これはもともとイネの種類がちがうのであって、どちらがすぐれているということはない。晩稲である朝日を無理矢理に成長させて、8月に収穫することはできないのだ。しかし、肥料をつかわない自然栽培には、じっくりと時間をかけて成長する晩稲のほうが向いている。

吾輩がなにをいいたいか、そろそろわかると思うが…。保護者の方ならば、我が子(我が孫)の上達スピードをつい他の子と比べてしまい、気になって仕方がないだろう。攻めっ気がつよくて、どんどん前にでてくる子もいれば、のんびりとした性格の子もいる。慎重な子もいれば、うっかりさんもいる。いまは勝率に差があるかもしれない。…でも大丈夫。時間のはやいおそいはあっても、将棋が好きでつづけてさえいれば、ある程度のところ(すくなくとも初段くらい?)までは、どの子も絶対に上達できる!

つづけることさえできれば、上達スピードはかんけいありません。それぞれの子にあった収穫の時期まで、徳川家康になったつもりで気長に待ちましょう!
(関連記事:こどもを他人と比べないこどもにやる気を出させるには?

昨日の練習メモ:実戦2局、7手詰20問、棋譜並べ2局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 6日 (金)

仮説:女子の教え方

(注)これはまったくの思いつきであり、まだなんの検証もしていない仮説にすぎません。

学校のお勉強のばあい、「トップクラスと底辺は男子が多く、女子は平均より少し上にかたまっている」というイメージがある。まあ、たんなる仮説にすぎないが、男子は興味のあるなしによって、思いっきりやる気がでたり、まったくやる気がなくなったりする。女子は与えられた課題をまじめにコツコツとこなす。…というイメージがあるのだ。

もしもこれがあたっているとするならば、男の子にはバトル(実戦でのぶつかりあいなど、なんらかの競争)を中心とした指導がむいているのではないか? いっぽう、女の子にはバトルよりもお勉強(詰将棋や手筋・定跡・棋譜並べなど、与えられた課題をこなすこと)を中心とした指導がむいているのではないか?

ずっと女子の教え方について考えていて、どうもそういうような気がしてきた。機会があれば検証してみたいものだ。

昨日の練習メモ:実戦1局、5手詰30問、棋譜並べ0局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 5日 (木)

想定外の活用法

昨日の教室でのできごと。

指導に役立てようとのことで、こどもたちにアンケート(「上級者向け」「初級者向け」)をとってみた。そのなかに「相手にやられるとイヤな戦法はなんですか?」という質問があった。どうもAくんのアンケート用紙の管理が悪く、さいきんAくんに勝てなくなっていたBくんがちらりと回答をみたようだ。「ははーん。Aくんは○○戦法が苦手なのか…。」

はたしてこの日の対局の結果は、○○戦法がみごとにはまり、Bくんのひさしぶりの勝利!

このようなアンケートの活用の仕方は想定外でした。Aくんゴメンナサイ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

1月4日の福成キッズ将棋教室

スパイラル軍団登場!

本日はスパイラル将棋センターより、K先生&研修会生3名のゲスト参加があった。ゲストがあまりにも強力だったため、T支部長に加えて、急きょ、高校新人戦全国大会出場のN先生をまねいての対戦となった。結果はみていなかったが、どうなったのだろうか??

本日より2か月間をかけて、第4期の「福成キッズ順位戦」がおこなわれる。前回の成績がよかった人は上のリーグへ昇級したので、対戦相手が強くなっているぞ! いっぽう、前回の成績があまりよくなかった人は、強い子がリーグからいなくなったので、成績があがるはずだ。次なる昇級へむけてがんばろう!

こどもたちの人数があまりにもふえてきたため、次回からは試験的にクラスをわけての教室を行う予定だ。A・Bクラスはこれまでどおり、第1・第3水曜日C1・C2クラスはあらたに第2・第4水曜日の教室となる。じぶんたちのクラスと開催日を確認してほしい!

今後の日程は、

A・Bクラスは1月18日(水)、2月1日(水)。

Cクラスは1月11日(水)、1月25日(水)。

K先生、本日はなんのおかまいもできず、申し訳ありませんでした。こどもたちへのご指導、まことにありがとうございました!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 4日 (水)

コーチの役割とは?

コーチの役割は、補助輪をはずすこと

将棋にかぎらないのだが、コーチの役割を考えていて、我が子に自転車の乗り方を教えたときを思いだした。

こどもがまだ保育園のころだが、小さな自転車を買い、補助輪(岡山弁では「コマ」という)をつけて乗せていた。しかし、いつまでも補助輪をつけているわけにもいかない。補助輪をはずし、吾輩が後ろから荷台をつかんで、バランスの取り方を教えていた。ときどき手をはなしてみるが、数秒後にはコケる…のくりかえしだった。

何日くらいかかったか? あるとき、うまくバランスが取れていて、荷台にかかる力がとても小さくなっていた。いつものように荷台をつかんでいるフリをして、そっと手をはなしてみたが、こどもは気がつかない。100メートルほどはなれたところで、大声でよんでみると…、こどもの驚いた顔! それ以来、ひとりで自転車に乗れるようになり、自転車にかんしてはすっかり自立ができたわけだ。

こどもが自分なりの課題をもって実戦にのぞみ、本を読み、棋譜を並べる。考えてもわからないところだけを先生に質問する。このようにこどもを自立させることこそが、コーチの最大の役割だろう。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 3日 (火)

あしたのために その1

将棋が強くなるためには?

福成教室の初心者&初級者のみなさん、ブログ読者のみなさんへ。いったいどうしたらもっと強くなって、お友だちに勝てるようになるのか? これから1年間かけて、吾輩がみなさんといっしょに勉強していきます。

まず、いちばん大事なこと。将棋は1か月に2回の将棋教室にかよっているだけでは、強くなれません。1週間に1回でもむずかしいです。「えーっ!」と思うかもしれませんが、残念ながらほんとうです。

では、どうすれば強くなれるのか? 5分でも10分でもよいので、できるだけ毎日、おうちで練習をすることです。練習さえすれば、だれでも強くなれます。では、どんな練習をすればいいのでしょうか?

1. できるだけたくさん対局をするべし。

2. できるだけたくさん詰将棋をとくべし。

どんなに強い人でも、プロ棋士のひとでも、練習の基本はこの2つなのです。「棋譜並べ」という練習もありますが、もう少し強くなってからでもよいです。たくさんの対局とたくさんのやさしい詰将棋。まずはこれをやりましょう。

対局のあいては、家族やお友だち、パソコンやDSのゲームなど、なんでもよいです。どうしても対局のあいてがいないばあいは、詰将棋をたくさんしましょう。詰将棋は、まずは1手詰めだけでよいです。1冊おわっても、いそいで3手詰めにすすむひつようはありません。1手詰めを何周もしたり、次の1手詰めの本にとりくめばよいのです。福成教室にも3種類の1手詰めの本がありますので、いつでも貸しだします。

本日の練習メモ:実戦2局、5手詰30問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 2日 (月)

あしたのために その0

2012年のやくそく

福成教室の、おもにCクラス(初心者&初級者)のこどもたちへ。

アンケートでこたえてもらったように、将棋について、みんなそれぞれの目標があるでしょう。その実現のために、ことしは先生たちといっしょに吾輩がお手伝いをします。その第一歩として、次回の教室から、みなさんへ“将棋が強くなるためのメッセージカード”をおくります。(おなじ内容は、このブログでも公開します。)

このカードは、みなさんの「将棋ノート」にはってもいいですし、書きうつしてもいいです。はじめのうちにわたすカードはとてもたいせつなので、保護者の方(お父さんやお母さんなど)にもみせてください。

ひとつひとつのメッセージは、とてもかんたんなものです。だれでもできることばかりです。なので、読むだけではなくて、かならず実行してください。そうすれば、みなさんの目標はかならず達成できます。もしかすると、すぐにできる子と、時間がかかる子がいるかもしれません。でも、はやいおそいは気にしなくていいです。全員ができるようになるまで、吾輩がおつきあいします。これはみなさんとのやくそくです。

本日の練習メモ:実戦1局、5手詰30問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2012年1月 1日 (日)

「岡山県こども将棋教室交流戦」ぜひご参加を!

昨年末に各教室でチラシが配られたと思うが、1月22日(日)に「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」が、津山市中央公民館でおこなわれる。この交流戦はふだんの学年別大会ではなく、実力別4クラス+男女別の合計5クラスにわけられている。学年別のときとはちがって、ほぼおなじ実力の相手と対戦できるので、勝負が白熱するぞ!

今回の目玉は、前回初登場のガールズクラスが、「ガールズ&レディースクラス」に進化したことだ。未定だったゲストのプロ棋士も、阪口五段にくわえて、われらが菅井五段、さらには岡山県玉野市の山田女流二段の豪華三本立て!という発表があった。

詳しい情報(チラシ)は、こちら。→「津山交流戦のお知らせ」

最新情報(ブログ)は、こちら。→「岡山県将棋情報」

しめきりは1月8日(日)なので、1月4日(水)の福成教室、1月5日(木)の水島教室、1月8日(日)の岡南教室などで、ぜひ参加の希望を伝えてほしい!

みなさまのご参加をお待ちしております。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

福成キッズ将棋教室 2012年の大予言

2012年の福成キッズ 猫ちゃんの大予言

  • いままで勝てる相手がいなかった子でも、だんだん勝てるようになる!
    →個別指導もふくめて、お手伝いします。
  • いまC2クラス(13級以下)のこどもは、全員がC1クラス(9~12級)に昇級できる!
    →できるような教材・練習のヒントを提供します。
  • いまC1クラス(9~12級)のこどもは、全員がBクラス(5~8級)に昇級できる!
    →おなじく、できるような教材・練習のヒントを提供します。
  • いまBクラス(5~8級)のこどものうち、何人かがAクラス(1~4級)に定着できる!
    →多少のがんばりが必要となります。
  • いまAクラス(1~4級)のこどものうち、何人かが有段者になる!
    →かなりのがんばりが必要となります。
  • いまCクラス(9級以下)のなかから、こども大会で活躍する子があらわれる!
    →活躍できそうなイベントをご紹介(もしも可能ならば企画)します。
  • 基本の詰将棋や基本の手筋は、いまCクラスの全員ができるようになる!
    →重要な本は貸しますので、買わなくてもよいです。

今後は更新が不定期になるかもしれませんが、みなさま本年もよろしくお願いいたします。

今後の日程は、1月4日(水)、1月18日(水)。

昨日の練習メモ:実戦1局、3手詰60問、棋譜並べ1局。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

人気ブログランキング