無料ブログはココログ

« 大人の上達とこどもの上達 | トップページ | 「勝った」と思ったのはいつ? »

2011年12月13日 (火)

女流王座 加藤桃子さんのお父さま

すでにマスコミでとりあげられているように、12月12日におこなわれた「リコー杯女流王座戦」第5局において、加藤桃子奨励会1級が清水女流六段をやぶり、3勝2敗で初代女流王座についた。加藤さんは3年前にお父さまを亡くされており、それから急に強くなったとの印象がある。そのお父さまは、高校将棋界において、ひじょうに有名な指導者だった。たとえば、高校女子団体戦においても、教え子が5回もの全国優勝を達成されている。

詳しくは、こちらの記事へ。→明誠高校棋道部OB会「恩師 加藤康次先生」

女性ではじめての奨励会突破をめざしているのは、亡きお父さまとの約束らしい。これからの女流(女性)将棋界においては、里見女流三冠(おなじく奨励会1級)の強力なライバルとなりそうだ。

加藤女流王座の、今後のご活躍を楽しみにしております!

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 大人の上達とこどもの上達 | トップページ | 「勝った」と思ったのはいつ? »

将棋のニュース」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
お父上とは彼が奨励会をやめたすぐ後に知り合いました。退会した理由や思いを語ってくれました。アルバイトをしながら大学に通い、大学院にも優秀な成績で合格しました。
将棋はもちろん、国語の教師としても優秀な人でした。
彼も天国で喜んでいると思います。
ご令嬢には、さらなる活躍を期待しています。

コメントありがとうございます!
写真をみると、お父さまとそっくりですよね。
かつての三人娘(林葉・中井・清水)が登場したときのように、
女流(女性)将棋界が大きく変わりそうな予感がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の上達とこどもの上達 | トップページ | 「勝った」と思ったのはいつ? »

人気ブログランキング