無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

さあ、将棋をはじめよう!

将棋のルールをしらない子への対応

ふつうはどこかで将棋をおぼえて好きになり、それから見学にくるだろう。ところが、ルールをまったくしらずに見学にくる子がときどきいる。「ルールをおぼえてから来てください」という先生も多いかもしれない。…が、家族に将棋をしっている人がいないばあい、それでおわりになってしまう。

あるいは、駒の動きからていねいに教えようとするものの、家で復習をしない子は、何回教室に通っても対局をはじめられない。将棋のルールは複雑なので、すべてのルールをおぼえるまえに、教室にこなくなってしまう。とにかく、見学にきたその日から対局をすることが重要だ。

故新井田先生(「超初心者向け指導への考えるヒント」参照)はもちろんのこと、「広尾しょうぎ教室」「棋友館」のように、ルールを知らない子を歓迎してくれる将棋教室もある。吾輩も将棋のルールを教えたことは何度かあり、そのときには教えはじめて10分以内に対局をはじめることができた。なので、多少のアイデアはある。そのアイデアとは?

その1 下手も駒の数を減らすこと。
将棋とはいったいどんなゲームなのか? その本質を教えるために、上手はもちろん下手も駒を減らす。たとえば、上手は王のみ(歩なし)、下手は飛車・角・玉のみ(歩なし)。歩がなければ、飛車・角が簡単に成れる! なれてきたら、しだいに“下手”の駒を増やしていこう。

その2 駒の動きの表をみながら対局すること。
初心者は金と銀の動きがあやしいし、竜と馬のみわけも簡単ではない。はじめは駒の動きの説明書き(入門書のコピーなど)を横において、みながら対局しよう。

その3 細かいルールはあとから教えること。
「大橋流の駒の並べ方」や「打ち歩詰め」「行きどころのない駒」「連続王手の千日手」など、細かいルールは対局をしながら少しずつ教えていこう。とにかく、1局1分でいいので、できるだけたくさん対局をすること。

その4 興味をもったらマンガを読ませること。
1年生であれば、マンガの入門書は読むことができる。とりあえず、ルールを教えるには「マンガ版 将棋入門」、もう少し本格的に教えたいなら「スグわかる! まんが将棋入門」がオススメだ。図書館で借りて、家族で読むといいだろう。将棋をしらない保護者の方も、すぐにこどもと対局ができるようになるはずだ。

【保護者の方へ】
とにかく、理屈(ルールや作法)を教えるよりも、将棋の楽しさ(じっさいの対局で勝つこと)を優先して教えてください。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月30日 (日)

将棋教室の先生、4つの条件

今回は、昨日とは逆に将棋教室の先生方へのメッセージだ。将棋教室のメイン講師、あるいはお手伝いに来てくださる補助講師に必要な能力は、4つある。全員に4つすべてが必要というわけではなく、1つあれば十分だ。しかし、教室全体としては、4つがそろっていることが必須条件だろう。その4つとは、いったい何か?

その1 将棋が強いこと。
あたりまえすぎて、いうまでもない。

その2 1対1で将棋を教えるのがうまいこと。
これもあたりまえだが…。とくに、初心者の扱いが上手な人、やる気を引き出すことができる人は貴重な存在だ。

その3 教室の運営がうまいこと。
これは気がつきにくい点だ。スナックのママといっしょで、お客さん(生徒)みんなが満足しているのかどうか、全体をみて運営をするということだ。また、営業活動やITの活用もこれに含まれる。この役割がはたされないと、スナックなら閉店、将棋教室なら…となる。

その4 こどもが好きなこと。
「こどもとコミュニケーションがとれる人」と言いかえてもよいだろう。ひょっとすると、これが一番大切かもしれない。

吾輩は数多くの教室や道場に参加してみたが、うまくいっている教室には、この4つの条件がしっかりそろっているぞ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月29日 (土)

アドバイスは素直に聞こう

これは、いつもの大人向けとはちがって、こどもたちへのメッセージだ。将棋教室、あるいは将棋道場へいけば、対局した相手(自分よりも強い人)がアドバイスをしてくれることがある。…というか、教室や道場へ行くのは、本来それが目的のはずだ。ところが、がんこに自分の考えを曲げないこどもがいる(がんこな大人のほうが多い?)。ある有名指導者が書かれていたのをどこかで見たのだが、素直にアドバイスを聞かない子には、2つの問題点がある。

ひとつには、弱点をなおさないので、じっさいに負けてしまうこと。
もうひとつは、「この子にはアドバイスをしてもムダだ」と思われて、なにも教えてもらえなくなること。

将棋盤上の指し手にかんしては、強い人の意見はほとんどが正しい(絶対とまでは、いえないが…)。のびなやんでいる子は、もっと素直にアドバイスを受け入れてみよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月28日 (金)

性格にあわせた指導の工夫を!

こどもと接するたびに感じることだが、将棋に限らず、こどもの指導にはマニュアルがない。たしかに、将棋の上達の3本柱は「詰将棋」「実戦」「棋譜並べ」だ。こどもにかぎっていえば、「詰将棋」と「実戦」だけでもいいかもしれない。しかしそこに、こどもの性格にあわせた指導が必要になってくるのだ。

以前にもご紹介した『初段になるための将棋勉強法』に、森信雄七段と浦野真彦七段の対談がのっている。そこに以下のようなお話がある。

人によって勉強のバランスが変わる

浦野 少し漠然とした質問ですけど、初段になろうとしたら手はじめに何からやるべきでしょうか?

 基本的に詰将棋をやるか実戦をやるかですね。どちらが向いているかは性格や年齢でも変わるけど、一番大きいのは「負けても平気な人かどうか」。負けてばかりでヤメちゃう人もいるから(笑)。詰将棋はその点、負けることがないですからね。

こどもどうしの対局では、一方が勝てば、かならずもう一方は負けてしまう。勝ってばかりの子がいるということは、負けてばかりの子もいるということだ。勝てない子への指導こそ、ありとあらゆる工夫が必要だ。そこには、弱い大人(=時代劇の斬られ役?)の役割もあるに違いない。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月27日 (木)

笠岡こども将棋同好会のHPとブログ

カレーパン先生による「笠岡こども将棋同好会」のHPとブログがスタートした。

詳しくは、こちらへ。
「笠岡こども将棋同好会」のHPカレーパン先生のブログ

カレーパン先生は岡山県を代表する強豪(アマ竜王戦全国大会でのご活躍・山陽アマ名人獲得など)なので、ワンポイントレッスンの内容やコメントは、(吾輩とはちがって)説得力があるぞ! 気が早いはなしだが、来年夏の「第9回 岡山県こども将棋教室交流戦」は、笠岡での開催が内定しているようだ。前回の笠岡大会(第2回)には、吾輩も応援にかけつけた。この大会には、プロ棋士の山崎隆之七段が指導にこられたのが印象に残っている。

もとはといえば、水島・真庭(久世)・津山からはじまった県内の将棋教室からの情報発信。最近では、つぎつぎと将棋関連のブログがスタートし、お互いの交流も深まってきた。今後の更新を楽しみにしております!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

岡南支部の例会に参加2

ゴロン太先生の愛のムチ

前回にひきつづき、10月23日(日)、ゴロン太先生が支部長をつとめられる岡南支部の例会に、こども1人をつれて参加してきた。定期試験のシーズンなのか、今回はこどもの参加は、小学生5人と高校生1人だけだ。ふだんの上級講座とはまったくちがって、静寂のなか、時計もなしでじっくりと時間をかけての対局となる…はずだったが、一部にうるさい子が…。いいかげんに注意しようかと思っていたところ、ゴロン太からの「愛のムチ」がとんでいた。

吾輩はといえば、おそれていたとおりゴロン太先生によばれて、なんと! はじめて大人の方との手合いがつけられた。「私は初心者なので…」とことわろうとすると、あるこどもから「ウソだよ!」との指摘が…。こどもにはいつも「負けをおそれず、強い人にぶつかっていけ」といっているからなあ…。内容は、最近の練習の成果があったのか? 序盤だけはほぼ互角に。急戦を受け止めて「さあ、カウンター攻撃だ」と思った瞬間、みごとなクロス・カウンターをくらって撃沈。まだまだ修行が足りないことを痛感した。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月26日 (水)

羽生を破った19歳 菅井竜也五段

10月23日に五段昇段の祝賀会が盛大にひらかれたばかりだが、菅井竜也五段の活躍ぶりが、朝日新聞(岡山版)で大きくとりあげられた。

詳しくは、こちらの記事へ。→「将棋楽しむ菅井五段:asahi.com 10月26日」

師匠の井上慶太九段によると、プロの中でもめずらしいほど、心の底から将棋を楽しんでいるのが、菅井竜也五段の強みだという。「地元の人たちの応援があるから、今の僕がある」「岡山にいたままで、もう少し上のクラスに行きたい」とのコメントもうれしい。

今後のご活躍も楽しみにしております!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

詰将棋本のさまざまな練習法

初心者用の詰将棋本をいろいろとオススメしているが、たんに答えをおぼえることがゴールではない。本を何度もくりかえして、「答えはもう全部おぼえた」という子にも、さらなる練習法をご紹介しよう。おなじ本を単にくりかえすのではなく、やり方を工夫しながら、味わいつくそう!

(練習法1)タイムアタック
これまでにもご紹介したが、1周するのに何分何秒かかるか? あるいは、5分間で何問解けるか? 記録をはかって、お友だちと競争しよう。頭の回転がはやくなるぞ!

(練習法2)変化を読みつくす
それとは反対に、時間をかけてすべての変化を読みつくす練習もしてみよう。先手後手とも、正解手以外の手もすべて読んでみるのだ。詰むのか詰まないのか、正解よりも早く詰むのかおなじ手数で詰むのか、持ち駒があまるのかあまらないのかを、じっくり検討してみよう。読みぬけがなくなるぞ!

(練習法3)詰まされ将棋
詰将棋の本をさかさまにして、どういう手で自分の玉が詰まされるのかを考えるのだ。ふつうに解くよりも難しくなるし、受けが強くなるぞ!

(練習法4)持ち駒をみないで解く
持ち駒をみないで、持ち駒に何があれば詰むのか? を考えるのだ。正解以外の持ち駒でも詰むことがあるし、手数が変わることもある。この持ち駒では詰まないことを確かめるのも、実戦で役に立つ。「詰めろ」をかけるのがうまくなるぞ!

【保護者の方へ】
タイムアタックは、親子で競争してみるのも面白いと思います。詰将棋だけなら、低学年の初心者でもすぐに大人においつきます。大人に勝つと自信がつきますよ。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月25日 (火)

初心者にオススメの詰将棋本3

初心者用の詰将棋本ご紹介のつづきだ。基本的には『羽生の一手詰』『羽生の三手詰』おすすめしているのだが、「もう全部おぼえた」「もっとやりたい」という子もいるだろう。

(1)1手詰をたくさんやりたい子には…
先日ご紹介した『1手詰ハンドブック』にくわえて、『1手詰入門ドリル』『詰将棋ドリル(1) 1手詰入門編』がある。それぞれ300問前後の問題があるので、しばらく楽しめるはずだ。5分間とか10分間とか時間をくぎって、そのあいだに何問解けるか?に挑戦すると、上達がよくわかる。5分間で100問解けるようになれば、かなりのものだ。

(2)3手詰や5手詰にすすみたい子には…
問題数は少ないものの、『羽生の○手詰』とにたような形式の本に『こども詰め将棋入門』がある。1手・3手・5手がそれぞれ24問ずつある(おまけの「チャレンジ問題」はむずかしい)。マンガによるヒントとくわしい解説があるので、はじめての5手詰には一番いいだろう。自力で5手詰めが解けると、自信がつくぞ!
(これでも物足りない子には、『1・3・5手実戦型詰将棋』がオススメ。)

【保護者の方へ】
1冊をマスターしたあとは、その本を持っていないお友だちと貸し借りをするとよいと思います。ライバルといっしょに強くなりましょう。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月24日 (月)

【最新版】おもな将棋大会の日程(11月~)

秋~冬に、力をためよう!

岡山県近辺のおもな「こども将棋大会」日程の最新版だ。夏にくらべて県内の大会は少ないのだが、近県まではんいをひろげると、意外に大会はあるものだ。

11/3(祝) JFEこども将棋大会(JFEスチール倉敷体育館)
       高学年、低学年わけ。大人の部にも参加可。県外可。
       詳しくは、こちら。→
       「JFEこども将棋大会」「JFEフェスタinくらしき 将棋会場催し物」
       ※申し込みは、すでにしめきり。

11/12(土) 玉島児童館 将棋入門・将棋大会(倉敷市 玉島児童館)
       初心者にもオススメgood 小学生以下。当日受付可。
       詳しくはここ。←「行事予定」を確認!

11/13(日) 第3回 宮本武蔵杯 こども将棋大会(兵庫県佐用町)
       初心者にもオススメgood 小学生以下。県外可。11/8しめきり。
       詳しくはここ

11/20(日) 長岡裕也杯 学生将棋最強戦(香川県高松市 スパイラル将棋センター)
       初心者にもオススメgood 大学生以下。県外可。11/16しめきり。
       詳しくはここ

11/27(日) 第7回 東播磨ハートランド稲美万葉杯 将棋大会(兵庫県稲美町)
       初心者にもオススメgood 大人の部に参加可。県外可。当日受付可。
       詳しくはここ

11/27(日) 鳥取砂丘こどもの国 こども将棋大会(鳥取砂丘こどもの国)
       初心者にもオススメgood 県外可。当日受付可?
       詳しくはここ

12/10(土) 玉島児童館 将棋入門・将棋大会(倉敷市 玉島児童館)
       初心者にもオススメgood 小学生以下。当日受付可。
       詳しくはここ。←「行事予定」を確認!

1/22(日) 第8回 岡山県こども将棋教室交流戦(津山市 中央公民館)
       初心者にもオススメgood 詳細は未発表。

たまには、教室のお友だちといっしょに県外に遠征してみるのも、遠足気分で楽しいのでは? また、「初心者クラス」のある大会ならば、小さい弟さんや妹さんをつれての参加もできるぞ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

女子団体戦:岡山朝日高校優勝レポート

読者の方からお知らせがあったので、ご紹介しよう。岡山朝日高校同窓会ホームページより、岡山朝日高校優勝の女子団体優勝レポート&写真だ。

詳しくは、こちら→「将棋女子団体で全国優勝」

過去2年間、あと一歩のところで涙をのんだメンバーだったが、最後の夏にみごとに栄冠をつかむことができた。あらためておめでとうございます。いま小学生で将棋をはじめたばかりのみなさんも、お姉さんたちにつづこう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月23日 (日)

竜棋会の有名強豪にインタビュー1

昨日は「菅井竜也棋士五段昇段及び今泉さんアマ名人戦優勝記念祝賀会」が行われた。そのあいまをぬって、「竜棋会(菅井竜也後援会)」の超有名強豪に、将棋の上達法について独占インタビューをすることができた。このインタビューをもとにして、次回の「竜棋会会報」で、将棋が強くなるためのヒケツについて発表する予定だ。

菅井竜也杯をきっかけにして、「竜棋会」に入会した子が何人もいるようだから、次回の会報をお楽しみに。読むだけでなく、実行すれば、大駒1枚強くなれるはずだ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

高校女子団体戦のドラマ(最終章)

これまで何度か、高校女子団体戦についてご紹介してきた。その中でも長野・岩村田高校(昨年は全国優勝、今年は第3位)元顧問の土屋先生による、写真つきの詳細なレポートがある。全国大会のかげには、どのようなドラマがあったのか? ぜひともよんでいただきたい。

詳しくは、こちら→「岩村田女子団体三部作 第3章」

いま小学生の女の子たちも、できればお友だちといっしょに、高校まで将棋をつづけよう。つづけていれば、そのうちきっといいことがあるよ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月22日 (土)

初心者にオススメの詰将棋本2

先日、初心者用の詰将棋本として『羽生の一手詰』『羽生の三手詰』の2冊をご紹介した。とはいえ、ルールを知っているだけの超初心者のなかには、『羽生の一手詰』でもむずかしいという子もいるだろう。なぜなら、『羽生の一手詰』の問題は、「有力そうな手が2つあってどちらか一方だけが正解」というパターンになっているからだ。なかなか正解できない子(年長~2年生くらい?)には、『1手詰ハンドブック』のほうをおすすめしたい。

この『1手詰ハンドブック』の使い方は、つぎのとおりだ。

(1)保護者の方と2人でとりくむこと。
『羽生の一手詰』でもむずかしいという超初心者レベルのに子は、1人で本を読むことじたいが苦痛となる。なので、保護者の方がつきあってあげてほしい。

(2)将棋盤に問題図を並べること。
頭のなかに将棋盤をつくるためには、本だけでとりくんで、符号(3二金など)で答える必要がある。しかし、超初心者レベルだと将棋盤で駒を動かして考えてもいいだろう。

(3)No.1~80だけをくりかえすこと。
『1手詰ハンドブック』では、No.1~80が基本問題、81~300が応用問題となっている。はじめは基本問題だけでOKだ。この基本問題は、駒別の詰みのパターンがカバーされている。ひっかけ問題は、まったくないので安心だ。

(4)最終的には、将棋盤を使わず、符号で答えられるようにすること。
将棋盤上でできるようになったら、本だけをみて、符号で答える練習をしよう。そうすれば、1人で本を読んで練習できるようになる。

【保護者の方へ】
ちょっと面倒かもしれませんが、親子のコミュニケーションにもなります。こどもが正解したばあいは、おおげさにほめてあげてください。それがやる気につながります。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月21日 (金)

初心者にも“大きな”レベル差がある

9月に「岡山県こども将棋団体戦in水島」という大会があった(詳細は、水島子ども将棋教室のホームページ岡山県将棋情報参照)。そのときには、住所不定玉先生と吾輩がご相談しながら、参加者全員の棋力を判定して、駒落ちでの対局を行った。

棋力の判定で苦労したのは、初心者のこどもたちだ。中級以上で大会によく参加している子の棋力は、はっきりわかっている。しかし、大会にほとんど参加したことのない初心者の棋力の比較がむずかしいのだ。そこで、津山や福成・水島などの教室で初心者どうしの対局をよく観察したところ、ひとくくりに“初心者”といっても、ひじょうに大きなレベル差があることがよくわかった。

第1段階:ルールがわかっているだけ。
  詰みで対局をおわらせることができない(王手放置、二歩など)。
  ただの駒をとれない。ただで駒をとられる。
  敵陣にはいっても、歩や飛車を成るのを忘れる。
  実戦では、1手詰めをみつけられない。

第2段階:駒得ができる。
  ただの駒をとれる。ただで駒をとられない。
  成り駒をつくることができる。
  実戦でも、簡単な1手詰めをみつけられる。
  持ち駒をつかえない。
  自玉の簡単な1手詰めの“詰めろ”に気がつかない。
  敵玉を一方から追いかけて逃がしてしまう。

第3段階:ねらいをもって指すことができる。
  原始棒銀や原始中飛車など、ひとつ戦法をしっている。
  持ち駒をつかって、両どりをかけることができる。
  実戦でも、簡単な1手詰め・3手詰めをみつけられる。
  自玉の簡単な1手詰めの“詰めろ”に気づくことができる。
  敵玉の逃げ道をふさごうとする。
  まだ、玉の囲いは知らない。

第4段階:得意な戦法、得意な囲いがある。
  このレベルまでくれば、初心者は脱出だ。

【保護者の方へ】
低学年や幼稚園ではじめたばあい、理屈1にたいして実戦&詰将棋9の割合でよいです。対局の数・詰将棋をこなした数さえふやせば、上達はつづきます。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

10月19日の福成キッズ将棋教室

おひさしぶり!

本日の教室では、倉敷王将戦代表のTくんとそのお父さんがおひさしぶりの登場となった。これまでお父さんのお仕事の都合でなかなか来られなかったので、せっかくの機会に竜棋会の強豪U先生・Y先生との真剣勝負をお願いした。しばらく見ないあいだに、ワンランク、レベルアップしたような感じがする。

現在、A級~C2級までプロの順位戦のようなクラス別のリーグ戦を行っている。その一方で、手のあいた子には、クラスをこえた対戦も(希望により駒落ちまたは平手)手合いをつけている。C2級で17勝1敗と絶好調のYくんは、C1級に角落ちで挑戦し、あと一歩のところまでおいこんだ。C2級でそのYくん以外には全勝のNくんは、C1級に平手で挑戦、なんとびっくりの初勝利をあげた! この調子でいけば、2人とも昇級が近いぞ。

今後の日程は、11月2(水)、11月16日(水)。
新しいお友だちのご参加をお待ちしております。
cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月20日 (木)

「JFEこども将棋大会」明日しめきり

11月3日(祝)に行われる「JFEこども将棋大会」の受付状況が、水島子ども将棋教室のホームページで公表されている。→JFE子ども将棋大会参加者受付状況

いまのところ、高学年67名・低学年60名の合計127名だ。大人の部や団体戦を含めると、おそらく今年の岡山県の将棋大会では最大の参加者数となるだろう。

詳しい情報と申し込みは、こちら。
「JFEこども将棋大会」「JFEフェスタinくらしき 将棋会場催し物」
※指導将棋はすでに定員オーバーで、しめきったもよう。

2010年のようすは、こちら。
「水島子ども将棋教室:2010JFE大会」
 「岡山県将棋情報:JFE大会一般の部」「JFE大会こどもの部」

決勝トーナメントに進出すれば賞品がもらえるので、上位入賞がむずかしい子は、決勝トーナメントに進出を目標にしよう。また、あまり大会にでたことのない子は、1勝を目標にしよう。マルナカ杯やJT杯(予選3回戦)とはちがって、予選が4回戦あるので、1勝できる可能性は高い。

明日10月21日がしめきりなので、いそいで出場を検討してほしい!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

【ニコニコ動画】ハム将棋で学ぶ将棋講座

先日、「ハム将棋」の遊び方と「You Tube」の動画をご紹介した。この補足として、「ニコニコ動画」に「ハム将棋で学ぶ将棋講座」というシリーズがある。駒落ちの攻略法・詰みの基本・平手の戦法など、じつに豊富な内容だ。

詳しくは、こちら→「気ままに棋譜まとめ:ハム将棋で学ぶ将棋講座 カテゴリ記事一覧」
※画面の下のほうに一覧がある。

「ニコニコ動画」に登録(無料)したあと、「ハム将棋」で検索するとたくさんの動画がでてくる。またハム将棋以外の将棋の動画もたくさんあるので、将棋の勉強やひまつぶしにオススメだ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月19日 (水)

「ハム将棋」の遊び方

ルールを知っているだけの超初心者が、ふつうの初心者へ、さらには初級者へと上達するためには、対局数をふやすのが一番大切だ。ところが、おうちで対戦する相手がいないという子もいるだろう。そういう子のために、以前、インターネット上で無料対戦できる「ハム将棋」をご紹介した。今回は、その遊び方をいくつか提案したい。

(1)「ハム裸玉(19枚落ち)」との対戦。
19枚落ちは、どんな初心者でも、馬と竜をつくれるようになれば、すぐに勝てるようになるはずだ。勝てるようになったら、最短で何手で勝てるか? 角を使わずに(竜と“と金”だけで)勝てるか? 飛車も角も使わずに(金2枚でおいかけて)勝てるか? など、いろいろな勝ち方に挑戦してみてもいいだろう。19枚落ちにあきたら、10枚落ち→9枚落ち→8枚落ち→…へとすすもう!

(2)「トレーニング」でルールなどの確認。
30問の問題がある。クイズ形式で、駒の動き(行き方)・駒得をするための手筋・詰みの基本形の確認ができる。

(3)得意戦法をみにつけよう。
駒落ちで勝てるようになったら、今度は平手だ。原始棒銀、中飛車、角換わり棒銀、四間飛車(美濃囲い)、四間飛車(穴熊囲い)、矢倉、…など、なんでもよいので、なにかひとつ得意戦法をみにつけよう。ひとつ勝ちパターンをみつけたら、他の戦法でも勝てるまでがんばってみよう。基本的な指し方は、入門書をよんだり、先生にきいたりしておぼえてほしい。

【保護者の方へ】
「You Tube ハム将棋」でネット検索すると、さまざまな戦法でハムに勝った動画がみつかります。なかには、人間側が裸玉でハムに勝った!…という、おどろきの動画もあります。初心者には、動画をみるだけでも勉強になると思います。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月18日 (火)

初心者にオススメの詰将棋本1

先日、福成キッズ将棋教室の練習として「詰将棋タイムトライアル」をとりいれたと書いた。その教材が『羽生の一手詰』『羽生の三手詰』の2冊だ。これまで詰将棋といえば、『○手詰ハンドブック』シリーズ、『○手詰入門ドリル』シリーズ、あるいは森信雄先生の本が定番だった。なぜ、『羽生の○手詰』を教材にえらんだのか? その理由は4つある。

(1)全81問と問題がすくないので、すぐに1周できること。
たしかに、ハンドブック・ドリル、あるいは森先生のシリーズは、1冊に200問から400問もあってコストパフォーマンスにすぐれている。しかし、初心者には「1周できた!」「1冊ぜんぶをおぼえることができた!」という達成感が重要なのだ。問題がおおすぎると、挫折する可能性が高くなる。

(2)字が大きく、1ページに1問ずつのっていること。
ハンドブックは4問、ドリルは2問ずつが見開きページにのっている。中級以上の子や大人には問題がないのだが、低学年や幼児の初心者には、これが扱いづらいのだ。1問だけの答えをみようとしても、つぎの答えまでみえてしまったり…。初心者のうちは、問題数はすくなくても扱いやすさ優先でよいだろう。

(3)2冊が関連していること。
『一手詰』だけみてもわからないことなのだが…。『羽生の三手詰』の問題は、2手すすめると『羽生の一手詰』の問題図になるものがけっこうある。なので、『一手詰』をしっかりやっておくと、スムーズに『三手詰』にすすめるというわけだ。

(4)羽生さんのインタビューやマンガがのっていること。
上達に役立つこと(やまったく役立たないこと)が、空きページにたくさんのっている。これがこどもたちには楽しいらしい。

この2冊の使い方は、つぎのとおりだ。

はじめの何周かは、ゆっくりと答えをたしかめながらすすむ。
→答えを全部理解できたら、何分何秒で1周できるか時間をはかる。
→毎日練習して、タイムをちぢめていく。
→じゅうぶんにおぼえたら、次の本へすすむ。
→それもできたら、あたらしい本をさがす。
 (詰将棋だけでなく、手筋・次の一手でもOK)

【保護者の方へ】
小学校でおこなう、「たしざん・ひきざん・かけざん九九」の練習とおなじです。お子さまが小さいばあいは、保護者の方が練習を手伝ってあげてください。また、81問でも挫折しそうなばあいは、1章ずつにわけて練習させてください。よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

植田先生、おめでとうございます!

10月15、16日に広島将棋センターで行われた「第28期全国アマ王将位山陽大会」において、岡山市の植田吉則さんが初優勝されました。おめでとうございます! 植田さんには、「福成キッズ将棋教室」のゲスト講師として、ときどき教えにきていただいております。

詳しくは、こちら→「広島将棋センター:大会結果一覧」「竜棋会ブログ」

朝日アマにひきつづいての全国大会出場と大活躍の植田先生を、福成教室のこどもたちも応援しよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月17日 (月)

またしても「岡南公民館 上級コース」

こどもたちの成長ぶり

先週の岡南支部の例会に引きつづき、10月16日(日)の「岡南公民館 上級コース」へ吾輩+こども2名で訪問をした。本日は支部の例会とはことなり、大人にまじって10名以上のこどもたちが参加。先週は静寂のなか、時計もなしでじっくりと時間をかけての対局だったが、本日は一部にその反対のこどももいて、ゴロン太先生からのお小言もあった。

ところで、最も印象にのこったのは、A弟くんの成長ぶりだ。つい最近まで、吾輩が大駒をおとしていい勝負、平手では楽勝という感じだったが、本日は平手で予想外の大苦戦。…それどころか、はじめての敗戦に大ショック! 夏休み中の将棋大会では、けっこう勝ち進んでいたので、なぜ?と思っていたが、こんなに強くなっているとはおどろきだ。あげくのはてに、「もっと練習をしたほうがいいよ」とアドバイスまで受けるはめに。こどもたちの成長は速いなあ…。

ゴロン太先生・カクザン先生、本日はいろいろな子と指せたので楽しかったです。でも、もっともっと練習が必要なこともわかりました…。修行しなおしてきます。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月16日 (日)

女流将棋の魅力

10月22日(土)からはじまる「リコー杯女流王座戦決勝五番勝負」を前にして、直前スペシャル対談が行われたので、ご紹介したい。かなり長いが、これまで気がつかなかったような発見がたくさんあるはずだ。

「女流将棋の魅力について:梅田望夫氏 × 野月浩貴七段」

野月七段がこんなに女流の将棋に詳しかったとは! まったく知らなかった。男性プロは女流プロの将棋を軽くみているのかと思っていたが、そうとは限らないのだなあ…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月15日 (土)

現時点で足りないところ

先日の住所不定玉先生からのコメントを読んで、よりよい教室運営のために、あらためて必要性を感じたことが3つある。

ひとつ目は、先生方の役割分担だ。たんに手のあいた先生と生徒が対局するのではなく、その子のレベルによって最適な練習メニューを提供するということだ。ふたつ目は、自宅もちかえり用のプリントだ。吾輩のイメージでは、初心者を脱出するための「将棋の練習法」「序盤・中盤・終盤とは?」「駒得するための必修手筋50」「玉の囲い方」というようなものだ。みっつ目は、生徒それぞれのカルテだ。教室や大会に参加するたびに、状況を記入していき、問題点・弱点の発見と治療に役立てるというものだ。

こう考えてみると、気になる点ばかりだ…。すべてがすぐに実行できるわけではないが、いずれはなんとかしたいと思っている。また、時間とお金さえあれば、DSやiPad(iPhone)などの将棋ゲームについても調べてみたい。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月14日 (金)

女子向けの教え方があるはず

将棋教室交流戦ではじめてガールズクラスを実施したこともあって、女の子の将棋を観察したり、女の子と指したりする機会がふえた。まえから“あること”を疑問に思っていたのだが、それがいま確信に近くなってきた。それは、男子向けの教え方と女子向けの教え方は違うのではないか?ということだ。もちろん、男女いぜんに個性のちがいはある。しかし、女子には女子独特の棋風というかクセがあるような気がしてならない。

たしか「棋友館」の小田切秀人さんの本には、「女子には四間飛車が向いている」と書いてあったような気がする(原本がいま手元にない…)。なぜなら、激しく闘ったり、暴れたりせずに、慎重に駒組みをすすめるのが好きな子が多いのだ。角道を止める振り飛車戦法ならば、いきなり乱戦にはならず、たいていのばあいは美濃囲いに組むことができる。

ほかにもさまざまな観点・注意点があるはずなので、女子を教えた経験が豊富な方のご意見を、ぜひともうかがってみたいものだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」のご案内

まだ詳細は決まっていないが、「第8回 岡山県こども将棋教室交流戦」(津山キッズ将棋教室の当番)の日程と場所が決まった。この大会は、岡山県の将棋教室に通うこどもたちにとっては、いちばん楽しい大会だ。詳しい内容の発表を、楽しみにまとう!

◆日にち:2012年1月22日(日)
◆場所:津山市立中央公民館 1階大研修室(150名収容)
 ※駐車場多数あり
 ※なお近年この時期、津山には雪は降っていないらしい

県南の先生方→ぜひとも、こどもたちの引率をお願いいたします。県南の保護者の方々→ご自身のお子さまだけでなくお友だちもさそって、いっしょに連れて行ってあげてください。よろしくお願いいたします。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月13日 (木)

最近気がついたのだが…

最近気がついたのだが…、初心者向けの記事よりも、上級者向けの記事のほうがアクセス数が多い。よく考えてみると、上級者の保護者(あるいは本人)は大会を探したり、上達法・練習法に興味をもったりして、積極的にネット検索をしているようだ。一方、初心者の保護者は、たんに将棋教室をさがすためだけにネット検索をすることが多いようだ。初心者のこども自身がネット検索をすることは、なかなかないだろう。

吾輩としては、「初心者→初級者→中級者→上級者→…」という流れにのっていただくために、初心者本人、あるいは保護者の方にもっと読んでいただきたいと思っている。なので、ブログにもっと工夫が必要だろう。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

岡南支部の例会に初参加

緊張の初参加

先日、岡南教室のゴロン太先生から、「こどもどうしで対局すると、あまり集中できていない子が多い。大人と対局するほうが集中できていい勉強になる。」とのアドバイスをいただいた。というわけで、10月9日(日)、ゴロン太先生が支部長をつとめられる岡南支部の例会に、こども2人をつれて初参加してきた。こども教室の上級講座と場所はおなじだが、今回はこどもの参加は、小学生2人・中学生1人・高校生1人だけだ。ふだんの上級講座とはまったくちがって、静寂のなか、時計もなしでじっくりと時間をかけての対局となった。

前半は2人ともいい将棋が指せたようだ。ふだん以上に真剣に指したためか、最後はつかれて集中力がとぎれてしまった子もいたが…。たしかにこれをつづければ、ゴロン太先生のいわれるとおり、いい勉強になりそうだ。

ただし、おそれていたとおり、ゴロン太先生によばれて吾輩も対局することになり…(結果はヒミツ)。ここに通うためには、こどもたちだけでなく、吾輩にもいっそうの練習が必要だ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月12日 (水)

「長岡裕也杯 学生将棋最強戦」のご案内

夏休みに何度も岡山県に遠征していただいた、「スパイラル将棋センター」からの挑戦状だ! 11月20日(日)に「長岡裕也杯 学生将棋最強戦」が行われる。大学生以下ならだれでも参加でき、有段者から初心者まで、4つのクラスにわけて行われるようだ。

詳しい情報と申し込みは、こちら。→「学生将棋最強戦 申込書」

以前、「スパイラル1周年記念大会」に参加したとき、ある女子大生が「C級があれば参加できるのに…」というのを、ふと耳にした。大学生以下なら学年は関係なく、実力別4クラスというのがおもしろそうだ。このルールなら低学年が有段者の部にでたり、中学生以上が初心者や中級者の部にでることもできるわけだ。

吾輩は、前回の「スパイラル杯」は運動会と重なって行けなかったので、今度こそは、なんとか遠征したい。しめきりは11月16日。みなさんも、ぜひ出場を検討してほしい!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月11日 (火)

アマ強豪に聞く将棋上達法 その5(つづき)

アマ強豪に聞く上達法の第5回、『アマ将棋日本一になる法』より、平畑善介さん(史上最強ともいわれるアマ名人)のつづきだ。

序盤の戦法について
Q「宗歩と詰将棋だけで、ほんとに善さんみたいに強くなってアマ名人になれんの? 宗歩の中終盤は認めるけど序盤の戦法は今だいぶ変わってるよ」
A「序盤は自分で研究することだ。……プロに負けないぐらいの新手もつくった。……俺の三間飛車を大野源一が少し改良して、プロで使い始めてどんどん勝っていった。……アマでも超一流になる者は、プロの真似ばかりしていない。自分で研究して独自のものを持っているよ」
平畑善介上達法をまとめてみると…。1・天野宗歩の棋譜100局、最初から最後まで覚える。2・詰将棋3000問ぐらい詰ます。3・序盤は自分で研究する。4・自分より強い相手がいたら、倒すまでとことん挑戦する。

才能もあったのだろうが、それだけではない、ものすごい練習量だ。アマ名人戦では一度しか優勝していないが、(わざと)予選でと負けて各県の代表と真剣(賭け将棋)を指すのが楽しみだったそうだ。一度だけ優勝したのは、こどもに「一度くらい日本一になってよ」とせがまれたからだという。う~ん、すごい話だ。

ここのところ、すこし上級者向けの記事が多くなっていた。なので、また初心者・初級者向け、あるいはお母さん向けの記事も準備しようかと思っているところだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月10日 (月)

アマ強豪に聞く将棋上達法 その5

アマ強豪に聞く上達法の第5回、『アマ将棋日本一になる法』より、平畑善介さん(史上最強ともいわれるアマ名人)のご登場だ。平畑さんは、プロ八段との真剣(プロの香落ち)で8連勝したというからおどろきだ。

平畑流上達法
Q「善さん、どんな勉強してそんなに強くなったの? 木村名人や阪田三吉の棋譜でも並べて研究したの?」
A「バカ! そんなもん並べて強くなるか。俺は昔、天野宗歩の棋譜100局ぐらいを全部第1手から終わりまで、覚えた。棋譜は宗歩だけでいい。他はいらん。棋譜を並べるときは、次の指し手が見えないようにして両方の指し手を考える。1局2時間ぐらいかけて、一生懸命並べて研究すれば自然と本筋を覚え強くなる。」
「それと俺は昔、仕事は船乗りやったから詰将棋が便利でよくやった(3000問ぐらい)。詰将棋は終盤力がつくだけでなく、深く正しい読みの訓練にはちょうどいい」

ここでもやはり、棋譜並べと詰将棋がでてきた。ところが…、天野宗歩と詰将棋だけで、これほどまでに強くなれるものだろうか? 天野宗歩の中終盤は全盛期の羽生・谷川レベルという人もいる。しかし、序盤の戦法は今とはずいぶん異なるようだ。はたして、古い棋譜だけでほんとうに上達できるのか?(次回へつづく)

天野宗歩の棋譜並べについては、新井田先生からもお聞きしたことがある。「江戸時代から昭和まで、昔の強い人の将棋を並べるのも、ひじょうによい勉強になる」らしい。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 9日 (日)

こどもたちの苦手なこと

こどもたちを観察して気がついたこと(その2)。こどもによって多少の個人差はあるのだが…。

  • こどもたちは、長いあいだ座って話をきくのが苦手!
  • こどもたちは、実戦なしに理屈ばかりをつめこまれるのが苦手!
  • こどもたちは、待たされるのが苦手!
  • こどもたちは、教室にライバル(学年・実力・性別など)がいないのが苦手!
  • こどもたちは、いつも負けてばかり…が苦手!
  • こどもたちは、先生に名前を覚えてもらえないのが苦手!
  • こどもたちは、上達しているのかどうか、目にみえないのが苦手!
  • こどもたちは、いつも表彰とは縁がない…のが苦手!
  • こどもたちは、いつもおなじ場所で、おなじ相手とだけ対局するのが苦手!

こどもたちのやる気がないことを、こどもだけのせいにしていては、教室の進歩はない。原因は教え方や教室運営のやり方にもあるのではないか?と考えて、こどもたちの「つまづきのもと」をとりのぞこう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 8日 (土)

高速棋譜並べについての追記

以前、「高速棋譜並べ」についてご紹介したところ、わりと反響があったので、追記をしたいと思う。吾輩が「高速詰将棋」や「高速棋譜並べ」に興味をもったのは、以下の記事がきっかけになっている。

「将棋上達法」(by maiha さん)

「プロの1局を100回並べる」→「それを100局おこなう」→「さらに、それをくり返す」→「将棋倶楽部24で2100点までは保障」。あるいは詰将棋や手筋なら100問3分でできるまでくり返し練習しようという、なんとも大胆な提案だ。吾輩自身によって実証したやり方ではないので、効果のほどは不明だが…。妙に気になる記事なのだ。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

こどもたちの好きなこと

こどもたちを観察して気がついたこと(その1)。

  • こどもたちは、ライバルとの競争(バトル)が好き!
  • こどもたちは、勝つことが好き!
  • こどもたちは、先生に認められることが好き!
  • こどもたちは、上達が数値(級位・レーティング)で目にみえるのが好き!
  • こどもたちは、表彰されるのが好き!
  • こどもたちは、景品(お菓子や将棋グッズ)が好き!
  • こどもたちは、友だちといっしょに遠征するのが好き!

なんとなく教室に集まって、なんとなく指導対局するだけではなく、こどもたちの「好き!」をもっともっとひきだせるように、工夫を重ねよう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 7日 (金)

教室より、おうちでの練習が大事

先日、おなじように教室にかよっていても、上達する子と停滞する子がいると書いた。両者のちがいは教室での集中力にもあるが、おうちで練習しているかどうか? が一番のちがいだろう。「棋力が停滞している→教室で勝てない→やる気がだんだんなくなる→ますます棋力が停滞する」…という悪循環があるのだ。一方、伸びている子はまったく逆で、「上達している→教室でも勝てるようになる→やる気がでてくる→ますます上達する」…という好循環がある。

他の教室の先生方ともおなじ意見だが、はっきりいって、毎月2回の教室だけでは上達は不可能だ。できれば家族の方と対局を楽しんだり、相手がいなければPCや携帯ゲーム機の将棋ゲームで遊んだり、詰将棋や入門書にとりくんだり…。なんでもいいので、毎日少しでも将棋にふれる時間をつくってほしい。とくに幼児や低学年の初心者は、自分で練習ができるようになるまでは、保護者の方がめんどうをみてあげてほしい。

こどものやる気をひきだすためには、初心者のうちは保護者の方のご協力がたいへん重要です。なにとぞ、よろしくお願いいたします!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 6日 (木)

10月5日の福成キッズ将棋教室

「詰将棋タイムトライアル」スタート!

本日の教室も、3名のゲストと竜棋会の強豪Y先生・I先生を含めて大盛況となった。福成キッズ順位戦が進行中だが、ひとつずつ上のリーグにあがれるよう、上達のポイントをご紹介したい。

  • C2級は、1手詰めと原始棒銀(原始中飛車)を身につければ、卒業できるはず。
  • C1級は、3手詰めと駒の手筋(駒得)・玉の囲いを身につければ、卒業できるはず。
  • B級は、5手詰めと得意戦法・寄せの手筋(必至・囲いくずし)を身につければ、卒業できるはず。
  • A級は、こどもによって課題がちがうと思うので、自分の弱点(重点強化ポイント)と練習法を、強い先生にきいてほしい。

これらを完全マスターしてもらうための第一歩として、本日から2つの企画がある。ひとつめは、「詰将棋タイムトライアル」だ。『羽生の一手詰』『羽生の三手詰』を教室で何冊か買ったので、おうちで全81問を何分何秒で1周できるか? 時間をはかってほしい。みんなでタイムをくらべて競争だ。すでに、一手詰は2分を切る子もいるようだぞ!(ただし、最初の何周かは、ゆっくりと答えをたしかめながらすすむこと。)

もうひとつは、「自主勉強ノート」が生徒全員に配られた。おうちで自主的に勉強したことをノートに書くのだ。詰め将棋・入門書・だれかやゲーム機との実戦など、将棋に関することならなんでもいい。だれにもいわれなくても、自主的に勉強をしてほしい。

今後の日程は、10月19(水)、11月2日(水)。
新しいお友だちのご参加をお待ちしております。
cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 5日 (水)

「本を完全マスターする」とは?

新井田先生には、さまざまなことを教えていただいたが、聞きそびれてしまったこともある。先生は初心者のこどもには、矢倉囲いと棒銀の攻めを徹底的に教えていた。ある程度以上のレベルになった子にオススメなのが、以下の2冊の本らしい。

『初段に勝つ矢倉戦法』(森下卓著、創元社)
『最新矢倉戦法 徹底研究▲3七銀戦法』(高橋道雄著、創元社)

新井田先生のお話では、『初段に勝つ…』を完全マスターすれば、矢倉に関しては三段、さらに『最新…』まで完全マスターすれば、矢倉に関しては全国の小学生に敵なしだそうだ。この“完全マスター”というのは、2~3回読んでみたというレベルでないことだけはたしかだ。吾輩の想像では、おそらく、「本を読む→将棋盤にならべてみる→実戦で使ってみる→また、本を読む→…」を、何度も何度も何度も何度も…、くり返すのだろう。

“完全マスター”というのはどういう状態のことなのか? どういう読み方・練習をすれば、その“完全マスター”ができるのか? 肝心な部分をお聞きすることができなかったのは、かえすがえすも残念だ…。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 4日 (火)

がっかりされないように…

われらが福成キッズ将棋教室は1年ほど前まではほんとうに小さい教室だった。大きい声ではいえないが、レベルも本当に低かった。いまでも忘れられないのが、初心者(といっても、すでに2年くらいは習っていた)Xくんのことだ。吾輩がXくんと対局したときのこと。Xくんが王手を放置したので、吾輩が王将をとって駒台にのせた。Xくんは、それにも気がつかないので、その後もそのまま指しつづけてみた。なかなか気づいてくれないので、「Xくん。あなたの王様はどこにあるでしょうか?」「あっ!」…というようなレベルだったのだ。吾輩が王様1枚(歩なし、19枚落ち)で勝つことも、しばしばだった。

ようやくふつうの将棋教室らしくなったのは、こどもたちにはじめて級位を認定した、昨年の納会(12月)だ。それが、このブログの影響なのか、夏休みくらいから見学者さまがふえてきた。このブログをみて期待感がふくらみすぎて、見学された方々にがっかりされないか、いつもどきどきしている。

1手詰めもあやしい超初心者から、県代表をねらう有段者まで、生徒数も約20名になった。学年も小1から中学生・高校生・大学生・大人と、さまざまな年代が集まっている。あらゆるレベルのこどもたちに満足していただけるよう、メイン講師の山崎一先生といっしょに、ない知恵をしぼっているところだ。

次回、10月5日(水)の教室では、新企画(練習メニュー)を発表する予定だ。さて、いったいなんのことだろうか?cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 3日 (月)

岡南公民館 将棋入門コースに参加2

級位の仮認定

10月2日(日)、カクザン先生の岡南公民館 将棋入門コースと中級コースに、再びこども3人を連れて参加をしてきた。(前回メンバーのうち1人は、スポーツと重なってお休み。)

本日は手合い係が足りないとのことで、急きょ吾輩が中級のお手伝いをすることになった。教室ごとにシステムが違うため、手合いと記録だけでもてんてこまいだったが、ゴロン太先生の強力なオススメにより、白星配給係?として対局をするはめに…。相手は10連勝(5級→4級へ昇級)と絶好調のRくん。指導をするほどの余裕はないので、平手で真剣勝負。なぜか作戦勝ちから優勢となり、終盤では5分切れ負けの時計が入ったものの、そのまま押し切っての大勝利! めずらしいこともあるものだ。

まあ、それはともかくとして…。入門コースの2人は成績優秀で仮14級へ、中級コースの1人は仮5級(→10勝2敗で正式な4級へ?)と、仮認定をしていただいた。やはり、級位の認定があると、こどものはげみになる。岡南公民館は参加メンバーが50人前後と多いので、道場のようにいろいろな相手と対戦できて、その勝敗によって級が認定されるのがいいところだ。

これからも通う予定なので、少しずつでよいのでおうちで練習をつづけて、1級ずつゆっくりと確実に昇級をしていこう!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 2日 (日)

アマ強豪に聞く将棋上達法 その4(つづき)

アマ強豪に聞く上達法の第4回、『アマ将棋日本一になる法』より、大田学さん(テレビドラマ「ふたりっ子」“銀じい”のモデル、63歳!で朝日アマ名人)のつづきだ。

早指しについて
「最近、対局時計を使ってよく10分切れ負けとか、15分切れ負けでやっとるのを見るけど、これは……強うならん。強いもんが遊びでやっとるのは別にかまわんが、弱いものが強くなろうと思ったら、絶対にやってはいかん。やはり将棋は深く読まなアカン。考えて勝つのが本当の将棋や。」「ワシが思う上達法をまとめてみると…。1・少しでも上の人と指す。2・負け将棋を自分で研究する。3・早指しは強くならん。4・上手を相手にしても簡単にあきらめてはいかん。というようなことかな。」

羽生さんもどこかで言っていたが、「将棋は覚えるゲームではなく、考えるゲーム」なのだ。初心者・初級者のこどもは、早指しでかまわないと思うが、ある程度以上強くなったら、今度はとことん考える練習が必要になる。

ところで、歴代のアマチュア強豪のうち、誰が最強だったか? 大田さんの時代では、平畑善介さん(第5回アマ名人)が別格に強かったそうだ。そのうちに、平畑さんの上達法をご紹介したいと思うので、お楽しみに!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

2011年10月 1日 (土)

アマ強豪に聞く将棋上達法 その4

アマ強豪に聞く上達法の第4回、『アマ将棋日本一になる法』より、大田学さん(テレビドラマ「ふたりっ子」“銀じい”のモデル、63歳!で朝日アマ名人)のご登場だ。大田さんといえば、真剣(賭将棋)というイメージがあるが、真剣と上達との関係をどのように考えておられるのだろうか?

真剣(賭将棋)について
「賭将棋をすすめるわけではないが、上手の人に指してもらう場合、やむを得ないこともある。指導料と同じや。ワシの場合、出発点が賭将棋やったおかげで、一局たりともいいかげんな将棋は指さんかったのが良かったかもしれん。」「上手も金がかかってるんで、ワシが研究してきたとみるとその上の手を使って全力で倒しにくる。これが今思えば最高の師匠やった。」「対局中は上手に教わるという気持ちは捨てて、負かしにいく気持ちが大事。そうすれば苦しい将棋を頑張ることもできるし、最後まであきらめない精神力が自然と身につくはずや。」

プロの先生や将棋教室の先生に教えていただく場合にも、こころがまえは真剣とおなじらしい。感想戦で先生の教えを「はい、はい」とただ聞くだけで、教わって強くなろうという受け身の気持ちではなかなか上達できないそうだ。(次回へつづく)

前回の沖さんのお話にもでてきたが、やはり、負けた将棋を自分で研究することがいちばん大事なのだ!cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

気がつけば、半年間毎日更新

気がつけば、およそ半年のあいだ毎日ブログを更新し、400件もの記事がたまってきた。半年間、毎日更新がつづく人はほとんどいないそうだ。

いつまでつづくかわからないが…。更新を義務とは考えず、有益な情報をさがしながら、気長に書いていこうと思う。cat

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

人気ブログランキング