無料ブログはココログ

« 高速詰将棋・高速棋譜並べとは? その4 | トップページ | 「岡山県こども将棋団体戦」のご案内 »

2011年9月16日 (金)

アマ強豪に聞く将棋上達法 はじめに

吾輩のてもとには、『アマ将棋日本一になる法』『新アマ将棋日本一になる法』(いずれも宮崎国夫監修、木本書店)という2冊の本がある。これらの本の内容から、駒落ち・棋譜並べ・詰将棋・実戦など、さまざまな上達法について、ご紹介していこうと思う。てはじめに、『アマ将棋日本一になる法』、谷川浩司(当時は棋王)の序文より。

「どうすれば強くなれるか」
これは、アマプロを問わず共通の悩みであろう。……(プロ棋士はこどものころにアマ四段くらいになってしまうので)アマチュア時代の上達の苦心というものを、正直いってあまり知らないし覚えていないというのが実感になる。
そういう意味では、皆さんの代表であるアマチュア、それも最高の地位に就かれた方々の体験を参考にするのが、一番の上達の近道といえるだろう。

たしかに、あるプロ棋士の本を読むと、ものごごろがついたときにはすでに有段者になっていたため、「(2枚落ちなどの)駒落ちを上手と指した記憶がない」という。またあるプロは、ただひたすら実戦を指しているうちに、気がついたらアマ四段くらいになっていたという。

……というわけで、プロ棋士ではないアマチュア強豪の方々が、どのような上達法を語っているのか? 今後、気まぐれに更新していく予定だ。あまり期待せずに、気長にまっていてほしい。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 高速詰将棋・高速棋譜並べとは? その4 | トップページ | 「岡山県こども将棋団体戦」のご案内 »

将棋上達法(上級者編)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング