無料ブログはココログ

« 「メロディ将棋会館」とは? | トップページ | 「将棋教室交流戦」クラス分けの方針1 »

2011年7月19日 (火)

「普及の人」に、名人記念館の北村先生が登場

関西将棋会館のホームページで、「普及の人」という連載がはじまった。将棋の盛んな地域で、熱心に普及活動をする人達を紹介していくらしい。その栄えある第1回に、棋道師範であり、また倉敷の大山名人記念館館長補佐でもある北村實先生が登場した。

平成4年に大山十五世名人が亡くなられる。
翌年、倉敷市芸文館、大山名人記念館が出来る、また女流棋戦として、大山名人杯倉敷藤花戦が自治体初の主催棋戦として始まり、小学生倉敷王将戦もこども達に伝統文化を引き継ぐ形で発足して、以後規模を拡大して全国大会に成長する。
北村さんはその事業のすべてにかかわる。(「普及の人」第1回より)

全国大会の岡山県予選に参加しているこどたちなら、みな北村先生を知っているだろう。福成教室のTくんは、今年の大会で負けたあと「この局面で詰みを逃していたよ」と感想戦をしていただいた。8月28日(日)の「第7回 岡山県こども将棋教室交流戦」にも、ひょっとしたらご挨拶に来ていただけるかもしれないぞ。

人気ブログランキングへ ←人気上昇中のブログをチェック!

« 「メロディ将棋会館」とは? | トップページ | 「将棋教室交流戦」クラス分けの方針1 »

将棋のニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「メロディ将棋会館」とは? | トップページ | 「将棋教室交流戦」クラス分けの方針1 »

人気ブログランキング