無料ブログはココログ

« いまさらながら、こども将棋ブログの威力 | トップページ | プロに聞く将棋上達法7(つづき) »

2011年6月25日 (土)

プロに聞く将棋上達法7

今回は、日本将棋連盟 現会長の米長邦雄永世棋聖の登場である。軽妙なおしゃべりで有名な方だが、将棋上達法についてはどのようなアイデアをおもちなのだろうか?

……もし本気で強くなりたいと思うのなら、だまされたと思って実行すれば、すごく弱い人が年齢に関係なく、アマ高段の実力を身につけられる方法があるという。じっさい、米長永世棋聖が囲碁においておなじことを実行し、強くなることに成功したらしい。

『5人の一流棋士が明かす 将棋マル秘上達法』(奥山紅樹著)より
米長邦雄の巻

そこに浮かび上がってきたのは、意外や意外、「新聞の将棋欄を利用して、確実に強くなる秘法」。

  • 毎朝、プロの棋譜がのっている新聞をひろげて、将棋欄の指了図(小さい方の図面)をみる。
  • そこで、先手・後手どちらの手番かをたしかめた上で「次の一手」を考える。考える時間は長いほどよい。
  • 次の朝、自分の差し手の予想が合っていたかどうかを検討し、またその日の指了図へ。
  • これを毎日くり返す。休むことなく1年続けると級位の者は必ず初段に、初段の者はさらに1段上へ進むことができる。

「1年は待ち切れない、もっと早く上達したい」という人のためには、なんとかならないのだろうか?(次回につづく)

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« いまさらながら、こども将棋ブログの威力 | トップページ | プロに聞く将棋上達法7(つづき) »

将棋上達法(上級者編)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング