無料ブログはココログ

« 「将棋=スポーツ」説 | トップページ | プロに聞く将棋上達法1 »

2011年6月 3日 (金)

6月1日の福成キッズ将棋教室:追記

ときどき山崎 一先生ともお話しするのだが、「将棋が好きで好きでたまらない子」や「特別な才能のある子」は、ほおっておいても勝手に上達していく。支部名人戦で岡山県代表となったNくんなどは、まさにそういう状態だった。上達すれば、以前勝てなかった相手にも勝てるようになるので、ますます将棋が面白くなってくるという好循環もある。

以前の記事でとりあげたTくんも、ずいぶん長いあいだ足踏みしていたが、現在では9級→6級と上昇気流にのり、教室外の将棋イベントにも参加するようだ。このまま自宅での練習と教室内外での対局を重ねれば、上達をつづけていけるはずだ。

……というわけで、Tくんは他の先生方におまかせし、吾輩の次なるターゲットはCクラスのHくんと、Bクラスで苦戦つづきのF兄くんに変わった。Hくんはほかの子より不器用ではあるが、C級リーグ戦ではみごとに勝ち越すなど、マイペースでゆっくりと確実に進歩している。多少の時間はかかるかもしれないが、2人が5級にちかづけるよう、それぞれにあった上達法を勉強し、いっしょに成長していきたい。

次回の教室は6月15日(水)。cat

« 「将棋=スポーツ」説 | トップページ | プロに聞く将棋上達法1 »

福成キッズ将棋教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「将棋=スポーツ」説 | トップページ | プロに聞く将棋上達法1 »

人気ブログランキング