無料ブログはココログ

« 初心者を脱するための将棋本(予告編) | トップページ | 「ガールズ」クラス開催決定! »

2011年6月17日 (金)

初心者を脱するための将棋本1

まずは、得意戦法をもとう!

「初心者を脱するための将棋本」の第1回は、
藤井ひろし[マンガ]、高橋道雄[原作]『マンガでおぼえる棒銀戦法』(創元社)
※小学2年生くらいから。

「『どんどん攻めて、どんどん勝ちたい』駒の動かし方やルールなどをおぼえたあとは、だれしもそう思うでしょう。……いちばんはじめにおぼえる戦法としては、……原始棒銀がおすすめ。単純明快ながら、破壊力はばつぐん! また、指しながら数の攻めや銀の活用、と金づくりなどの基本手筋も、自然にマスターできます。」
(「はじめに」より、九段 高橋道雄)

ふつうの入門書でも、たいていは原始棒銀が解説されている。しかし、単に先手が後手をボコボコにして、「はいおしまい」というものが多い。本のとおりに相手が指してこなかったらどうなるのか? 自分が後手になって、相手が先に攻めてきたらどうなるのか? という疑問が残る。

この『マンガでおぼえる棒銀戦法』では、マンガを楽しみながら、原始棒銀戦法の手順だけでなく、他の戦いにも応用できる考え方・手筋もおぼえることができる。本のとおりに相手が指してこなかった場合の変化や、相手が先に原始棒銀で攻めてきたときの受け方もくわしくのっている。まだひとつも戦法をしらないこども、お子さまから「将棋を教えて!」と頼まれてこまっているお父さん・お母さんにおすすめだ。

【あわせて読みたい】
駒の動かし方やルール、頭金などの「詰み」の基本について知りたいなら、
藤井ひろし[マンガ]、加藤久康[原作]『マンガ版 将棋入門』(創元社)
※小学1年生くらいから。加藤久康=観戦記者の椎名龍一=遊駒スカ太郎。

【中学生以上にはこちら】
「棒銀戦法」について、もっとくわしく知りたいなら、
中原誠[監修]『勝つ将棋 攻め方入門』(池田書店)
※相手がどのような作戦できても棒銀戦法で攻撃できるように、棒銀戦法をいくつかのパターン[原始棒銀・矢倉棒銀・角換わり棒銀・対振り飛車棒銀]にわけて徹底的に学ぶ。完全にマスターすれば、これだけでも5級以上にはなれるはず。

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« 初心者を脱するための将棋本(予告編) | トップページ | 「ガールズ」クラス開催決定! »

将棋上達法(初心者編)」カテゴリの記事

おすすめ将棋本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング