無料ブログはココログ

« プロに聞く将棋上達法6 | トップページ | 「クローズアップ現代」そんなによかったかな? »

2011年6月23日 (木)

プロに聞く将棋上達法6(つづき)

「忙しい人がどこでもできる」「時間のかからない」「しごく簡単な上達法」そんなにうまい方法があるとは思えないのだが……。そのうまい方法というのは?

『5人の一流棋士が明かす 将棋マル秘上達法』(奥山紅樹著)より
二上達也の巻(つづき)

「本気でやる気を出す、ということが大前提ですが……頭の中で、少ない時間でやれることなんです。つまり、プロの棋譜を、完全に暗記するってことです」「棋士の指した棋譜を初手▲7六歩△3四歩から暗記していくのです。毎日4~5手ずつでもいいし、……いや1手ずつでもいい」「ただし一つだけ暗記上のポイントがあります。それは、実際に頭の中に盤面を思い浮かべ、駒を頭の中で動かしながら暗記していくということです」

自分の好きな棋士のものでも、将棋の内容のおもしろいものでも、どんな棋譜でもいいらしい。毎日少しずつおぼえて、1局が終わればまた1局とおぼえていく。こうすることによって、多忙な人でもかなりの棋力上達が可能だという。おそらく棋譜並べの効果とともに、“脳内将棋盤”の性能アップという副産物があるのだろう。プロの棋譜のエキスをじっくりと吸収しよう!(次回は米長邦雄の巻)

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« プロに聞く将棋上達法6 | トップページ | 「クローズアップ現代」そんなによかったかな? »

将棋上達法(上級者編)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング