無料ブログはココログ

« 【速報】 「倉敷王将戦」岡山県予選の結果 | トップページ | 本日も福成キッズ大活躍! »

2011年6月26日 (日)

お母さんにすすめる将棋の本1

このブログの管理人(管理猫)は正体不明のはずなのだが、困ったことに、ふいに「あなたが管理人では?」と声をかけられることが増えてきた。これまでえらそうに「将棋上達法」について語ってきたので、「教えるのがうまいんじゃないか?」とか「本当は将棋も強いのでは?」と誤解されそうでヒヤヒヤものだ。現実には、教え子もなかなか上達しないし、自分自身もあまりの弱さにあきれてしまうほどだ。……というわけで、ブログの内容をもっと初心者・初級者・お母さん向けに下方修正するつもりだ。

最近、とても面白い本を何冊かみつけたので、「お母さんにすすめる将棋の本」として、ご紹介していきたい。第1回は、
南Q太著 マンガ 『ひらけ駒!(1)』(モーニングKC)
※こどもが将棋に興味をもったお母さん向け。

ふつうの将棋マンガはこども(あるいは対局者)が主人公で、奨励会からプロを目指したり、強敵と戦ったりするわけだが、この『ひらけ駒!』の主人公はお母さんだ(作者も女性)。なぜかこどもが将棋にはまってしまい、それをきっかけに、お母さんも少しずつ将棋に興味をもつ。まずは将棋そのものよりも、イケメン棋士や周辺エピソードから入っていく。そのお母さんがこどもにつられて、しだいに戦いの場へと……。

吾輩も1巻しか読んでいないので、これ以上のことはわからないが、2巻以降が楽しみだ!

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« 【速報】 「倉敷王将戦」岡山県予選の結果 | トップページ | 本日も福成キッズ大活躍! »

おすすめ将棋本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング