無料ブログはココログ

« お母さんの役割 | トップページ | 「つやま日曜将棋教室」訪問 »

2011年5月29日 (日)

こどもと一緒に読みたい将棋の本5

「こどもと一緒に読みたい将棋の本」の第5回は、
村川和宏著 マンガ 『マサルの一手!(1~3)』(てんとう虫コミックススペシャル)
※小学3年生くらいから。

雑誌「小学5年生」に連載されていた本格的将棋対決マンガ。残念ながら新刊は手に入らないが、古本ならば、まだ大丈夫だ。こども向けとはいえ、将棋監修は森内俊之九段(新名人??)なので、棋譜部分はしっかりしている。将棋が好きでたまらない主人公マサルが、奨励会に挑戦→入会→昇級をかけてライバルたちと対決する。

マンガを楽しみながら、「鬼ごろし」「地下鉄飛車」などいろいろな将棋の戦法、将棋上達のこころがまえや奨励会のしくみを知ることもできる。まさに一石二鳥(三鳥?)だ!

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« お母さんの役割 | トップページ | 「つやま日曜将棋教室」訪問 »

おすすめ将棋本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

人気ブログランキング