無料ブログはココログ

« 「小・中学校団体戦」岡山県予選の反省点 | トップページ | 【速報】囲碁日本代表は最高齢 84歳 »

2011年5月25日 (水)

初段になるための将棋勉強法5

いよいよ真打ち登場。最終回は、「週刊将棋」の初心者指導コラムでもおなじみの「棋友館」小田切先生だ。こども(とくに幼児)の初心者には、理屈で教えようとしてもなかなか身につくものではない。小田切先生は、初心者を教えるための独特の練習方法を数多く開発されている。

将棋は体で覚える
「棋友館」前編「棋友館」中編
「棋友館」後編「棋友館」後編の中編
「棋友館」後編の終盤「棋友館」後編の最終局面

「小田切指導棋士もまたこれまで取材した指導者の方と同じように『体で覚える』という言葉をなんどかキーワードとしてあげていました。これ(垂れ歩千本)なんかは最たるものでんな。」
(ブログ『 初段になるための将棋勉強法』道場・教室取材編より)

ものすごい分量の記事だが、できれば全部読んでみてほしい。一番おどろいたのが“垂れ歩千本”。やはり、将棋は頭ではなく体で覚えるものなのだ。

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

« 「小・中学校団体戦」岡山県予選の反省点 | トップページ | 【速報】囲碁日本代表は最高齢 84歳 »

将棋上達法(初心者編)」カテゴリの記事

おすすめ将棋サイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「小・中学校団体戦」岡山県予選の反省点 | トップページ | 【速報】囲碁日本代表は最高齢 84歳 »

人気ブログランキング