無料ブログはココログ

トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

文科杯岡山県予選の歴史4

【2010年】
この年はトーナメント戦ではなく、スイス式4回戦に。吾輩としてはうれしい限りである。遠くから参加して全敗してしまったチームもあったが、それでも4回戦の真剣勝負はいい経験になっただろう(じっさい、今年は有力チームへと進化をとげている)。

中学校の部は、プレーオフのすえ京山中が2連覇を達成、水島教室勢は2・3位。小学校の部は、大高小のSくんが団体戦・王将戦の県代表2冠を達成。水島教室勢はこちらも2・3位となり、教室としての4連覇はならず。

例年、オーダー(並び順)は固定制である。某小学校が「チームが勝ったらアイスを買ってあげるからheart01」と初心者を大将にして、優勝候補の一角を破るという波乱もあった。オーダーを工夫するのも、作戦のひとつかもしれない……。cat

2010年の岡山県予選のようす(その1)。

2010年の岡山県予選のようす(その2)。

2011年4月29日 (金)

文科杯岡山県予選の歴史3

【2009年】
京山中の大将Kくんが初戦の対局開始時間に遅刻sign01(不戦敗?)→優勝sign03という珍事件がおこった。中学校の部は、例年ゴロン太先生の岡南公民館勢の活躍が目立つ。おそらく、こども教室を卒業してからも、岡南支部との連携がうまくとれているのだろう。

不動のエースと強力な副将がいるうえに、広島将棋センター出身の転校生が加入した倉敷南小Aチームは、岡山県史上最強のメンバーとなった(この後の西日本大会でも3位入賞)。また、第三福田小が史上最多の8チーム24人で参加。参加チームが多くレベルも高かったが、吾輩はトーナメント戦形式の運営に不満が残った。cat

2009年の岡山県予選のようす。

2011年4月28日 (木)

文科杯岡山県予選の歴史2

【2008年】
じっさいに吾輩が観戦したのはこのときから。小学校の部では“おなじクラスの2年生チーム”で初参加したNくんが、王手飛車に飛車を逃げてしまうという大事件がおこった。Nくんは、いまだにこのときの話でからかわれている(それでも、予選はみごとに通過した!)。中学校の部では岡大附属中が優勝し、K姉ちゃんと弟分おぐくんのハイタッチが見られた。

水島教室の6年生Iくんは正直にいってあまり強くはなく、個人戦での実績はほとんどない。ところが、団体戦では他教室の強豪Mくんなどチームメートにもめぐまれ、最後も自らの勝利で優勝を決めて県代表となった。大阪の西日本大会にもつきそったお母さんが、「団体戦って、いいよね」と喜んでいたのが印象に残る。cat

2008年の岡山県予選のようす。

2011年4月27日 (水)

文科杯岡山県予選の歴史1

【2007年】
まだ吾輩のものごごろがつく前のことなので、水島子ども将棋教室ホームページの記事から推測する。この年から現在の形式の大会(学校対抗戦)がはじまった。強い子が弱い子を大会にさそったり、弱い子に将棋を教えたりして、学校のお友だちを通じて将棋を普及していこうとのねらいがある。

小学校の部1・2位は全員が水島教室のメンバーだ。参加4チームのうち3チームが水島関連であり、岡山県の普及活動では大石先生のご尽力が大きいことがうかがえる。cat

2007年の岡山県予選のようす。

2011年4月26日 (火)

文科杯岡山県予選の歴史(序)

とても残念なことだが、「文部科学大臣杯 小・中学校将棋団体戦」岡山県予選に参加するチームは、例年あまり多くはない。その理由はおそらく次の3つだろう。

  • そもそも、そのような大会があることを知らない。
  • あることは知っているが、どのような大会なのかがわからない。
  • 内容も知っているが、チームが弱いので参加しない。

そこで、明日から何回かにわけて、吾輩が「文科杯岡山県予選の歴史」をご紹介することにしよう。岡山県の小学校の部では、有段者2名というチームはまだ現れていない。「有段者1名と初心者2名」「中級者2名と初心者1名」で十分に参加できる。cat

2011年4月25日 (月)

「猫 vs ハム」激闘2番勝負

「猫 vs ハム」2番勝負の棋譜だ。よい子のみんなは、決して参考にしないように。cat

2011年4月24日 (日)

伸び悩みの時期

伸び悩みの時期はだれにでもある。だから、将棋を長くつづけることが大切な気がする。羽生名人だって、渡辺竜王だって、里見女流三冠だって、いま伸び悩んでいるといえば、伸び悩んでいるわけで。伸び悩んだときに、そこであきらめてやめてしまっては、何事も達成できないのではないか? 吾輩も他人のことはいえないが。

「お楽しみコース」は5級まで、「選手コース」は初段まで、「チャンピオンコース」は四段まで、どんなに時間がかかってもいいから将棋をつづけてほしいcat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月23日 (土)

将棋の才能とは?

親としては認めたくないだろうが、たしかに将棋の才能に差はある。はじめて教室にきてくれたときに、その子が強くなるかどうか、ある程度は予想できるものだ。ところが、よい意味で予想を裏切ってくれる子もいる。将棋の才能とは頭のよしあしではない。どれだけ将棋に“はまっているか”なのである。これは囲碁でもおなじらしい(「才能とは?」ヨダログより)。

将棋が好きで、強くなりたいという気持ちがある限り、(速い遅いの差はあるけれども)かならず上達はつづくcat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月22日 (金)

弱かった子が強くなる瞬間

ITとインターネットの進化によって、才能のある子を伸ばす環境は劇的にととのった。羽生名人にいわせると、「将棋が強くなるための高速道路」ができたらしい。一方、ふつうの初心者を5級に育てる環境はどうだろうか? あまり進歩がない気がする。だから、吾輩はつねに試行錯誤の毎日である。

将棋の上達は斜面状ではなく、階段状だ。継続的におしえていると、ときどき「弱かった子が、ある日突然強くなる瞬間」がある。その瞬間に出会えたら、吾輩としては最高の満足だ。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月21日 (木)

4月20日の福成キッズ将棋教室

本日より、新企画「第1期 福成キッズ名人戦・順位戦」がスタートした。A級順位戦の優勝者は「福成キッズ名人」に番勝負で挑戦するという壮大な企画だが、挑戦者候補No.1が初戦で敗れるという波乱のスタートとなった。

また、B級順位戦の注目はT3くんの急成長ぶりである。以前はF1くんとF2くんの兄弟にまったく勝てず、涙を流したこともあったがweep、本日も苦しい将棋を勝ちきっての3連勝good。しだいに5級が見えてきたようだ。吾輩を乗り越える日もそう遠くはないだろう。

次回の教室は5月11日(水)。4日ではないので、ご注意を。cat

2011年4月20日 (水)

「福成キッズ将棋教室」とは?(再掲)

毎月第1・第3水曜日に岡山市「南ふれあいセンター」の3F和室で、初心者から有段者までのこどもを対象に行っている(現在の生徒は、約15名)。

住所は、岡山市南区福田690-1  時間は、19:00~21:00  月会費は、1000円
メイン講師は、日本将棋連盟 普及指導員 山崎 一(やまさき まこと)先生
連絡先は、086-263-7651

日本将棋連盟のホームページにある「福成公会堂キッズ将棋教室」を発展解消し、より進化した教室だ。岡山市のこども将棋大会では、「岡南公民館将棋教室」のこどもたちと、つねに激しく優勝を争っている。岡山市の2大勢力といえよう。 cat

2011年4月19日 (火)

「高松春の将棋祭り」遠征

4月17日(日)「スパイラル将棋センター」主催の「高松春の将棋祭り」小学生の部に、文部科学大臣杯団体戦 I小学校チームのメンバーで参加してきた。(「福成キッズ将棋教室」からは、他にもA級sign01や特A級sign03に大人にまじってチャレンジした子もいた。)

スパイラル将棋センターのこどもたちは、よく岡山県の大会へも来てくれる。一方の吾輩も、香川県の大会へは4回目の遠征である。今回は、岡山県から20名以上の選手が瀬戸大橋をこえてやってきたようだ。これから、ますます両県のこどもたちの交流がさかんになるだろう。

気になる結果だが、我らがI小学校チームは、3人全員が小学生の部でベスト4に入るという大健闘だった(2位・3位・4位)。この勢いで、団体戦もがんばろう。cat

2011年4月18日 (月)

「小・中学校団体戦」のすすめ

前にもいったように、吾輩は団体戦が好きなのだ。5月21日(土)に倉敷芸文館で「文部科学大臣杯小・中学校団体戦 岡山県予選」がある。兄弟や学校のお友だちをさそって、ぜひ参加しよう。3人で1チームなので、初心者の参加も多いだろうし、おなじ学校から2チーム以上がでてもOKだ。以前には、8チーム24人sign01で参加した小学校もあった。「福成キッズ将棋教室」からも、おそらく2~3チームが出場するはずだ。

各県で予選を主催する方々にも、吾輩からひとつお願いしたい。初心者でも気軽に参加できるよう対局数を増やすなど、運営になにかひと工夫がほしい。千葉県や神奈川県では面白そうな予選をやっているようだ。cat

2010千葉県予選のようす。

2010神奈川県予選のようす。

2011年4月17日 (日)

ライバルをみつけよう

「ライバルをみつけよう」とはよくいわれるが、ライバルにはただ勝てばいいというわけではない。ライバルを強くしながら、それ以上に自分も強くなろう。勝ったときには喜んでばかりいないで、「ここをこうすればよかったよ」と教えてあげよう。吾輩の考えでは、将棋は個人競技ではなく団体競技であり、将棋教室はひとつのチームなのである。まわりを強くしながら自分も強くなる。これは羽生名人がずっと実行してきたことなのだ。

吾輩の最大のライバル? もちろん、あのハムスターだ。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月16日 (土)

「玉島児童館」遠征

4月9日(土)倉敷市「玉島児童館」で行われた毎月恒例の将棋大会に、N3くんとT2くんの同級生コンビがはじめて参加した。児童館の将棋大会とはいえ、「水島子ども将棋教室」の先生方が継続的に指導されていることもあって、意外にレベルは高い。優勝はなかなか難しいのだ。

気合い十分の2人は、いずれも最大のライバルである水島教室の強豪(2月の優勝者)との激戦を制し、全勝対決。N3くんが教室外の大会では初の優勝を果たし、ついに“準優勝男”の名を返上した。数々の将棋大会にいっしょに出場している2人だが、これがはじめてのワン・ツー・フィニッシュ。これからも、よきライバルでありつづけてほしい。cat

2011年4月15日 (金)

児童館の役割

吾輩がはじめて家の外で将棋を指したのは、近所の児童館だった。いまでは笑ってしまうが、当時はみんなが強豪に見えて恐ろしかった。「王手」をいわずに王手をされるのにも、びっくりした。最近は家ではなく、学童保育で将棋を覚えるこどもも多い。たとえ覚えても、身近に対戦相手がいないのがみんなの悩みである。児童館の役割は大きい。

たとえば、倉敷市の「玉島児童館」では毎月、「水島子ども将棋教室」の先生方による将棋教室や将棋大会が行われている。興味のある方は、一度のぞいてみてほしい。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月14日 (木)

5級への道

おなじ5級といっても教室や道場によってまったくレベルが違うので、なんともいえないが……。ここでは仮に「プロ相手の6枚落ち卒業程度」、「岡山県こども将棋教室交流戦」ならばCクラス(5~8級の部)で4勝1敗、JT杯やマルナカ杯ならば低学年で決勝トーナメント進出(3勝以上)、高学年で2勝1敗……とイメージしておこう。

2~3年熱心に教室に通っている子ならば、なんとか全員をこのレベルにしてあげたい。吾輩は、新井田先生のつくられた「5級までの上達法」を一番の参考にしている。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月13日 (水)

まずは5級に

もしもこどもを水泳教室に入れたとき、教室の先生に「あなたのお子さんは素質がないので泳げるようにはなりません。」と言われたら……、保護者の方はどう思うだろうか? たとえどんなに素質がなかろうと、「せめて、息継ぎができてクロール・平泳ぎで25mは泳げるようにしてほしい」と、誰もが思うはずだ。

水泳教室に「選手コース」と「一般コース」があるように、将棋教室に「選手コース」と「お楽しみコース」があってもいい。新井田先生いわく、「旭川の川原先生は、入った子を確実に5級にしてくれる」。これは最大級のほめ言葉だろう。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月12日 (火)

目標を立てよう

吾輩がはじめて新井田先生にお会いしたときのこと。先生は、初対面のこども(や保護者)にまず「目標はなんですか?」と確認していた。目標が5級なのか、初段なのか、県代表あるいはそれ以上なのかで、教え方が変わってくるというのだ。こどもの指導をするときに、

  • 具体的で、期限つきの目標を立てること
  • ひとつひとつのハードルは低くして、目標を達成するよろこびを味わってもらうこと

以上の2点を忘れていないだろうか? 吾輩も肝に銘じておこう。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月11日 (月)

心の師、新井田基信先生

吾輩の心の師匠は、いまは亡き新井田基信(にいだもとのぶ)先生である。山崎一先生の師匠である「竜棋会」会長の藤原雄三先生と新井田先生は親しかったようだから、吾輩と山崎先生はいとこ弟子といってもよい関係なのだ。(棋力には天と地の差があるが……。)

かつての吾輩の日課は、新井田先生の「北海道将棋連盟道場日誌」と住所不定玉先生の「岡山県将棋情報」をチェックすることであった。偶然にも吾輩は、新井田先生がなくなる3日ほど前に道場を訪問し、こどもの指導や大会の運営について貴重なお話をたくさんうかがうことができた。このとき先生からいただいた“遺言”を伝えるのは、吾輩の義務であると感じている。ときどきこのブログに新井田先生の思い出を書くことを許してほしい。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月10日 (日)

「ハム将棋」のすすめ

吾輩は昨日「1手詰」をすすめたわけだが、やはり実戦対局も重要だ。お父さんもお母さんも将棋を知らない場合は、インターネット上で対局ができる「ハム将棋」が一番のおすすめだ。羽生名人の娘さんたちは、お父さんが教えても将棋に興味を示さなかったのだが、この「ハム将棋」で将棋を覚えたそうだ。ハム裸玉(19枚落ち)から練習していって、平手で負けなくなれば、もう初心者は脱出だ。

吾輩は新戦法を試したいときには、いまでもハムを相手に練習しておるぞ。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月 9日 (土)

「1手詰」のすすめ

英語教室や水泳教室とは異なり、将棋は教室に通っている“だけ”では、なかなか上達できない。自宅に対戦相手がいれば問題ないのだが、なかなか相手にめぐまれないこどももいる。吾輩が初心者のこどもたちにおすすめするのは詰将棋、それも「1手詰」である。

  • 『1手詰ハンドブック』浦野真彦著(日本将棋連盟)
  • 『1手詰入門ドリル』椎名龍一著(池田書店)

上のどちらかを手に入れて、それも本の前半だけでよいので、毎日毎日繰り返し練習すること。時間は5分でも10分でもいい。1年生やそれ以下の幼児の場合は、めんどうでもお母さんもいっしょに取り組んでほしい。めきめき上達すること間違いなしだ。cat

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月 8日 (金)

こどもの反応を観察しよう

吾輩は将棋の先生ではないので、ふだんの教室では部屋のすみで丸まっていることも多い。そんなときには、こどもたちの表情やつぶやきを観察するようにしている。そうすると、先生方には気がつきにくい意外な発見もあるのだ。

たとえば、初心者への説明で、駒が「成る」ことを駒が「変身する」と説明する先生がおられる。このときこどもの反応はあまりよくない。なぜなら、「変身」は30年以上前の仮面ライダー・ウルトラマン全盛期の用語だからだ。いまどきのこどもにはイメージできないのだ。現代風には、ポケモン用語を使って駒が「進化する」と説明するといい。同様に、対局は「バトル」という。

先生方には改めてお願いしたい。「こどもたちの反応を、もっとよく観察してください。」cat

よろしくお願いいたします。m(_ _)m

人気ブログランキングへ ←「囲碁・将棋 人気ブログランキング」へ。

2011年4月 7日 (木)

「こども将棋団体戦」大阪遠征

将棋大会にもいろいろあるが、吾輩はチームで戦う団体戦が好きである。個人戦は強さのみを競うわけだが、団体戦では弱い子にもチームの一員としての役割があるし、勝ったときの喜びが何倍にもなるからだ。3月21日(祝)に大阪で行われた「こども将棋団体戦」に、福成キッズ将棋教室チームは、N3くん、T3くん、Oくんの3名でAクラスに参加した。

個人成績はみな2勝3敗だったのだが、なぜかチームとしては3勝2敗となり、団体戦のだいご味をあじわうことができた。(スコアが、0-3、2-1、2-1、2-1、0-3という、見事な効率のよさ。)反省点としては、勝勢からの二歩による反則負けsign01 一手詰を逃しての大逆転負けsign03 などもあった。また、T2くんは別チームからおなじくAクラスに参加して、個人5連勝(チーム3勝2敗)だった。

次回の「こども将棋団体戦」は8月7日(日)。参加した場合は、チーム4勝を目指してがんばろう。cat

2011年4月 6日 (水)

4月6日の福成キッズ将棋教室

本日は姉弟の見学があった。弟くんは、先日の「こども将棋大会(旧マルナカ杯)」低学年の部第3位をF2くんと分け合った仲だ。先後入れ替えての2番勝負は、1勝1敗の指し分けとなった。もし弟くんが入会してくれれば、今後もよきライバルとなるだろう。

吾輩の対局結果? お姉さんには駒落ちでしっかりと負かされた。弟くんとは平手。矢倉棒銀での端攻めから勝勢となり、頭の中では感想戦の準備に入る(「矢倉では棒銀からの端攻めに気をつけよう」)。ところが、意外な抵抗にあって雲行きがあやしくなり、最後は見事なうっちゃりで敗れ去った……。weep

次回の教室は4月20日(水)。cat

2011年4月 5日 (火)

「第7回 岡山県こども将棋教室交流戦」広報担当

「岡山県将棋情報」でも書かれたように、8月28日(日)に岡山ふれあいセンター(岡山市中区桑野715-2)で「第7回 岡山県こども将棋教室交流戦」が行われる。福成キッズ将棋教室としては、はじめての当番だ。大役をおおせつかって、おそらく山崎一先生もテンパっていることだろう。猫の手も借りたい気分なのではないかな? 大会が近づいたときには、このブログを活用して広報担当として吾輩も協力するつもりである。

交流戦が行われる「岡山ふれあいセンター(桑野)」は、将棋教室のある「南ふれあいセンター(福田)」とは別の場所なので、よい子のみんなは間違えないようにしてほしい。cat

2011年4月 4日 (月)

「福成キッズ将棋教室」の特長

この教室の特長は、なんといっても強豪のお父さんたちが積極的にこどもたちと指してくれることだ。吾輩の観察によると、強豪のお父さんはこどもを教えたり、やる気にさせたりするのがうまいのだ。とくにN姉妹のお父さんは学校の先生だけあって、初心者・低学年の扱いが抜群にうまい。T1くんのお父さんも、中級者・高学年の気持ちがよくわかっている。弱い子に将棋を教えるときに一番大切なのは、棋力ではなく、こどもの気持を理解することなのだと、吾輩は思うぞ。

もちろん、有段者のこどもには三段~県代表クラスの先生方がお相手をしてくれるから、有段者も安心してかかってきなさい。cat

2011年4月 3日 (日)

「福成キッズ将棋教室」の活躍ぶり

N1くん:2011 支部名人戦 岡山県代表、岡山市小中学生将棋大会 中学生の部三連覇
N2さん:2010 マルナカ杯 高学年の部準優勝、高松秋の将棋祭り 小学生の部優勝
T1くん:2010 小学生名人戦 岡山県代表、岡山市小中学生将棋大会 小学生の部優勝
N3くん:2010 岡山市小中学生将棋大会 小学生の部準優勝
Oくん:2010 岡山市小中学生将棋大会 小学生の部第3位
T2くん:2008 岡山市小中学生将棋大会 小学生の部優勝
Aくん:2010 安用寺杯将棋大会 高学年の部準優勝
F2くん:2011 こども将棋大会(旧マルナカ杯) 低学年の部第3位

※あまりに多すぎて書ききれない。このくらいであとは省略する。他の将棋教室とかけもちのこどももいるので、あしからず。cat

2011年4月 2日 (土)

「福成キッズ将棋教室」とは?

毎月第1・第3水曜日に岡山市「南ふれあいセンター」の3F和室で、初心者から有段者までのこどもを対象に行っている(現在の生徒は、約15名)。

住所は、岡山市南区福田690-1  時間は、19:00~21:00  月会費は、1000円
メイン講師は、日本将棋連盟 普及指導員 山崎 一(やまさき まこと)先生
連絡先は、086-263-7651

日本将棋連盟のホームページにある「福成公会堂キッズ将棋教室」を発展解消し、より進化した教室だ。岡山市のこども将棋大会では、「岡南公民館将棋教室」のこどもたちと、つねに激しく優勝を争っている。岡山市の2大勢力といえよう。cat

2011年4月 1日 (金)

「福成キッズ将棋教室」のブログのはじまり

吾輩は猫である。名前はまだない。仮に「名無し迷人」とでもしておこう。「福成キッズ将棋教室」メイン講師の山崎 一(やまさき まこと)先生は、少しばかりPCが苦手なようだ。今日から吾輩が、山崎先生に代わってこの教室の紹介をしていこう。cat

トップページ | 2011年5月 »

人気ブログランキング